三世帯住宅とは?メリットやデメリット、間取りのポイントを紹介

住まいにはさまざまな形がありますが、その中の1つ、「三世帯住宅」をご存知でしょうか?

この記事では、三世帯住宅とはどのような住宅なのか、また、メリット・デメリット、そして新築する際に知っておきたいことを紹介します。

三世帯住宅とは

三世帯住宅とは

三世帯住宅とは、3つの世帯が1つの住まいに同居するための住居のことです。

たとえば、祖父母世帯と親世帯、子世帯が一緒に暮らす三世帯住宅もありますし、親世帯と2つの子世帯が同居するタイプもあります。

なお、親世帯と2つの子世帯が同居するタイプの中でも、子世帯の1つが独身世帯の場合は2.5世帯住宅と呼ぶことが一般的です。

また、血縁関係がない3世帯が事情によって一緒に暮らしている場合も、三世帯住宅と呼ぶケースがあります。

三世帯住宅と二世帯住宅の違い

二世帯住宅は、親世帯と子世帯などの2つの世帯で構成される住宅です。

世帯ごとに空間を分けない「完全同居型」や浴室やキッチン、洗面所などの一部の空間を共有する「部分共有型」、玄関を含めたすべての空間を分離する「完全分離型」などがあります。

二世帯住宅は比較的よくある形態の住居なので、たいていの住宅メーカーや工務店で取り扱っています。

二世帯住宅用のシリーズを提供している住宅メーカーもあり、具体的なイメージが湧かない方でも手軽に建てることができます。

三世帯住宅のメリット

三世帯住宅のメリット

核家族化が進む中、コンパクトハウスで親子だけ、もしくは一人の生活を楽しみたいという方も多いでしょう。

しかし、近年、かつての日本では当たり前だった三世帯住宅を積極的に選ぶ方も増えています。

三世帯住宅を建てて3つの世帯が同居することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

特筆すべき3つのメリットを紹介します。

一世帯あたりの建築費や光熱費が安くなる

家を3軒建てるよりも三世帯住宅を1軒建てる方が、外壁などを共有できる分、建築費を抑えられます。

キッチンや浴室などの水回りスペースを共同で使用するなら、さらにコストダウンできるでしょう。

また、完全分離型の三世帯住宅でも、庭などの外構部分は共有することが一般的です。

別々の家を建てるよりも土地代を節約できます。

介護や育児を協力し合える

家族が協力して介護や子育てをしたくても、遠く離れていてはなかなか思うようにできません。

しかし、1つ屋根の下に住んでいるなら、毎日こまめに連絡を取り合って、保育園の送り迎えや食事・入浴等の介助をできるでしょう。

また、二世帯住宅と比べて、世帯人員数が多い点も三世帯住宅のメリットです。

二世帯住宅では「助ける人」と「助けられる人」がある程度固定してしまいがちですが、家族が多いなら育児や介護、家事を分散させることもできます。

相続税を抑えられる

相続が起こったときには、相続人が同居していると相続税を抑えられます。

被相続人が所有・居住する敷地面積が330㎡以下の土地を「小規模宅地」と呼びます。

小規模宅地に建つ建物に相続人が住んでいる場合は「特定居住用宅地等の要件」を満たすことになり、相続税が80%減額されるのです。

いつかは起こる相続に備えるためにも、子世代・孫世帯が一緒に住むことも検討してみましょう。

三世帯住宅のデメリット

三世帯住宅のデメリット

節約・節税につながる三世帯住宅ですが、デメリットがないわけではありません。

同居開始後にしばしば問題となる点を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • コストとプライバシーのバランスが難しい

プライバシーを尊重するならば、完全分離型の三世帯住宅が望ましいです。

しかし、完全分離型は建築費が高く、予算以上にお金がかかってしまうかもしれません。

コストとプライバシーのバランスを考え、皆が居心地よく住める家を作りましょう。

  • 人間関係がこじれることもある

お互いが距離を取って生活をしているときには、人間関係もうまく行くことが多いです。

「今は関わりたくないな」と思うときは離れていれば良いので、相手の嫌な面を見ずに済みます。

しかし、1つ屋根の下では関わりが密接になりがちで、人間関係がこじれてしまうこともあるでしょう。

  • 売却が難しい

売却しようと思っても、三世帯住宅は特殊な構造なのでなかなか買い手が付きません。

まだ十分に住める物件であっても、売却できないときは取り壊す必要が生じるかもしれません。

三世帯住宅の間取りのポイント

三世帯住宅の間取りのポイント

三世帯住宅を建てるときは、次のポイントに注意してください。

<建築前の注意点>

  • 貸し物件として利用する可能性がある場合は完全分離型を選ぶ
  • 防音効果の高い床材や壁材を使用する

将来的に同居する家族が二世帯や一世帯になる可能性があるときは、完全分離型で三世帯住宅を建てましょう。

居住部分に空きが出た時は、賃貸に出すことができます。

また、住空間が接することで、どうしても生活音が聞こえてしまいます。

できるだけ防音効果の高い壁材や床材を用い、快適に暮らせるようにしましょう。

三世帯住宅で利便性とプライバシーを両立できる

同居人の中で、しっかりと話し合って間取りや構造を決めれば、三世帯住宅で利便性とプライバシーを両立することは可能です。

時間をかけて相談し、最高の住まいを建てましょう。