住宅の駐車場幅はどれくらい?後悔しないためのポイントを紹介

自動車をお持ちの方なら、新築住宅を建てるときに「駐車場」についても検討する必要があります。

そこで問題になるのがスペースです。

ゆったりとしたスペースがあるに越したことはありませんが、土地に余裕がない方もいるでしょう。

後悔なく駐車場を作るポイントについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

住宅の駐車場スペースは車のサイズや乗降車に必要な広さから考えよう

住宅の駐車場スペースは車のサイズや乗降車に必要な広さから考えよう

駐車場にあまり広い場所を確保できない場合は、お持ちの車のサイズと乗車・降車の際に必要なスペースから、駐車場の最適な広さを割り出していきましょう。

まずは奥行きです。

通常、大型車両以外の駐車場の奥行きは、5.0m程度に設定されています。

お持ちの乗用車が一般的な長さなら、駐車場の奥行きは5.0m程度を見ておけば良いでしょう。

軽自動車などの、コンパクトサイズの自動車をお持ちの場合は、自動車のサイズに合わせた奥行きでも問題ありません。

しかし、将来的に一般的な長さの自動車に乗り換える可能性が少しでもあるなら、奥行きは長めにとっておくことをおすすめします。

住宅の駐車場幅の決め方

住宅の駐車場幅の決め方

駐車場の奥行きは、自動車の長さに10~30㎝ほど足しておけば、狭すぎる事態にはなりません。

ただし、バンタイプの自動車など、後方から荷物の出し入れができるタイプの自動車をご利用の場合は、自動車の長さ+100㎝ほどの奥行きが必要になります。

将来的に、荷台のある車や、後方から荷物の出し入れをできるタイプの車を購入する予定がある方も、奥行きは自動車の長さ+100㎝程度を見積もっておきましょう。

問題は駐車場幅です。

通常、自動車には側面部分から乗り降りするため、特殊な形態の車でなくても横幅は多めに見積もっておく必要があります。

スライド式のドアなら車両の横幅に50~80㎝を加えた幅、外側に開くタイプのドアなら車両の横幅に80~100㎝程度を加えた幅が必要になるでしょう。

一般的な軽自動車なら2.0m、普通自動車なら2.5m程度の駐車場幅は用意したいものです。

国土交通省では以下の数値以上の幅と奥行きで駐車場を設計するようにと推奨しています。

自動車の種類 奥行き
軽自動車 3.6m 2.0m
小型自動車 5.0m 2.3m
普通自動車 6.0m 2.5m

<出典:国土交通省「駐車場設計・施工指針について 表2.4.1駐車ますの大きさ」

車いすへの対応も検討しよう

家族が車いすを使う場合は、さらに広めのスペースが必要になります。

スライド式のドアで自動車の側面部から乗り降りする場合には、介助する人のスペースも考えて、車幅に100~120㎝ほどあると使いやすくなるでしょう。

自動車の後方から車いすの乗り降りをする場合には、奥行きを長くする必要があります。

スロープを使う場合には、車の全長に150~200㎝の余裕は欲しいです。

昇降機がついている場合でも、車の全長に120~150㎝の余裕は必要です。

複数の自動車を駐車する場合はさらに広いスペースが必要

自動車を1台だけ保有しているご家庭でも、駐車スペースは2台以上あるほうが望ましい場合もあります。

例えば、自宅周辺にコインパーキングがなく、親や親戚、友人が来訪する際に備えておきたい方もいるでしょう。

すでに自動車を複数保有しているご家庭は、最初から台数分のスペースを用意しておく必要があります。

また、敷地に余裕がある場合は、保有台数+1台分のスペースを確保したいものです。

住宅の駐車場には種類がある!

住宅の駐車場には種類がある!

一戸建て用の駐車場にはいくつか種類があります。

スペースやレイアウトも考え併せ、適切な駐車場を選びましょう。

  • 片側支持カーポート

左右のいずれかのみの支柱で、屋根部分を支えるカーポートです。

もっともスタンダードなタイプです。

  • 両側支持カーポート

左右両方に支柱を立てて屋根部分を支えます。

片側と比べて強度は高まりますが、入庫しやすさを確保するためには、やや広めに駐車場幅を取る必要があります。

  • 背面支持カーポート

側面に支柱を立てないタイプのカーポートです。

左右に支柱がない分、入庫しやすいというメリットがあります。

  • カーゲート

屋根を設けず、入り口部分だけにゲートを設置するタイプです。

カーポートと組み合わせるなら、自動車の上部分やフロント部分を保護できます。

  • ビルトインガレージ

住宅の一部として車庫を組み込むこともできます。

シャッターを付ければ外部から車が見えなくなるため、悪意のあるいたずらから守ることが可能です。

住宅の駐車場に使用する主な素材の紹介

住宅の駐車場に使用する主な素材の紹介

カーポートやカーゲートには、軽くて錆びにくいアルミ素材を使うことが一般的です。

一方、駐車場の床部分は選択肢が多いので、メリット・デメリットを把握しておく必要があります。

  • 砂利

地面に砂利をまくタイプの駐車場も多いです。

駐車の際に音が鳴るため、敷地への侵入者を防ぐ効果もあります。

ただし、使っている間に砂利の密度が偏るので、こまめに敷き直す必要があります。

  • コンクリート

すっきりとした外観を目指す方に人気の素材です。

硬くて丈夫ですが、砂利に比べると費用が高額になります。

また、単一色なので、油じみなどが悪目立ちする恐れがあります。

  • インターロッキングブロック

水はけが良くお洒落な素材です。

いくつか色を組み合わせれば、油じみなども目立ちにくくなります。

ただし価格が高く、コンクリートよりも1.5~2倍程度かかります。

住宅の外観を左右する駐車場!吟味してデザインしよう

駐車場は、住宅そのものと比べると後回しになりがちですが、住宅の印象を左右する大切な要素でもあります。

広さや利便性を考え併せ、暮らしに合う駐車場をデザインしましょう。