駐車場・ガレージ・カーポートの違いとは?特徴等をわかりやすく比較

自動車をお持ちの方なら、住宅を建てるときに駐車スペースについても考えなくてはいけません。

自宅用の駐車スペースとしては「駐車場」と「ガレージ」、「カーポート」が代表的な選択肢となりますが、どう違うのかご存知でしょうか?

それぞれの違いをわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください。

駐車場・ガレージ・カーポートの違いとは

駐車場・ガレージ・カーポートの違いとは

駐車場とは、駐車スペースのことです。

ただの空き地であっても、ロープを張ったりコーンを置いたりすることで「自動車を停める場所」と分かるようにすれば「駐車場」になります。

一方、ガレージとカーポートは、駐車場の1つの形態ではありますが、ロープやコーンなどで簡単に作ることはできません。

住宅メーカーや工務店に依頼し、数十万円をかけて「自動車を停める専用の場所」として作ります。

<住宅用駐車スペースの種類>

駐車場 ガレージ カーポート
  • 基本的に野ざらし
  • 車を停められるスペースならすべて「駐車場」
  • 車全体を覆う
  • 前面にフェンスやゲートがあるタイプもある
  • 住宅に組み込むビルトインタイプもある
  • 屋根と支柱だけのシンプルな構造
  • 前面にフェンスやゲートを付けることもできる

駐車場(露天・青空駐車)のメリット・デメリット

駐車場(露天・青空駐車)のメリット・デメリット

ガレージもカーポートも駐車場の一種ですが、ここでは自動車を覆う屋根付き以外の駐車スペースのことだけを「駐車場」と呼ぶことにします。

公共の駐車スペースや店舗の駐車スペース、コインパーキングなどは、ほとんどが駐車場です。

屋根だけでなく柵などもないので、ドライビングテクニックに自信があまりない方も利用しやすいです。

メリット デメリット
  • 入出庫しやすい
  • 駐車台数を増減できる
  • 設置費用がほとんどかからない
  • 雨風、積雪などで自動車がダメージを受ける
  • 防犯性が低い
  • 悪天候の時は乗降車しにくい

メリット

駐車場には、基本的に柵や柱がないので、入出庫しやすいというメリットがあります。

また、カースペースを狭目に取れば、ある程度は駐車台数を増やせるという点もメリットです。

お客様が来訪したときなども、状況に合わせて駐車スペースを増やせます。

設置費用がほとんどかからない点も、駐車場のメリットです。

カーポートなら車1台につき20~50万円、ガレージなら100万円単位でお金がかかりますが、駐車場ならスペースさえあればOKです。

デメリット

駐車場の最大のデメリットは、自動車が野ざらしになってしまうという点です。

雨や風、積雪などの影響を受け、自動車にダメージを与えてしまいます。

また、防犯面でも不安があります。

外部の人も容易に車を触ることができるため、悪質ないたずらの被害を受けるかもしれません。

最悪のケースでは、車自体を盗まれることも考えられます。

それに加え、悪天候の時には乗降車が不便というデメリットがあります。

雨が降っているときには荷物の出し入れが大変ですし、着ている服をダメにしてしまう恐れもあります。

ガレージのメリット・デメリット

ガレージのメリット・デメリット

ガレージとは、車全体を覆う壁のある構造の車庫のことです。

入り口にフェンスやカーゲート、シャッターなどを設置すると、外部から自動車が見えなくなります。

敷地に余裕がある場合は、住宅とは別にガレージを建てることも可能です。

また、住宅に駐車スペースを組み込むビルトインガレージも人気で、大切な車を身近に置いておきたい方にも選ばれています。

メリット デメリット
  • 耐久性が高い
  • 自然の被害から自動車を保護できる
  • 悪天候の時も乗降車しやすい
  • 防犯性が高い
  • 100万円単位の費用がかかる
  • ビルトインタイプは住宅を新築する際に設計する必要がある
  • 別棟にする場合は広い敷地が必要

メリット

ガレージは耐久性が高く、自動車を雨雪、台風などの自然の被害から守ることもできます。

また、埃や汚れもつきにくくなるので、車をいつでもきれいな状態で保管したい方にもおすすめです。

屋根があるため、悪天候の時も乗降車しやすくなるというメリットもあります。

その他にも、密閉性が高い点や防犯性が向上する点も、ガレージならではの魅力です。

デメリット

ガレージの最大のデメリットは、高額な費用がかかるという点でしょう。

駐車場なら0円、カーポートなら数十万円で設置できても、ガレージは100万円単位でお金がかかります。

ビルトインタイプなら、家の構造自体を変更する必要があるため、新築時以外は施工が難しいというデメリットもあります。

また、住宅と別棟としてガレージを建てる場合には、広いスペースが必要なので、敷地に余裕がないと厳しいでしょう。

カーポートのメリット・デメリット

カーポートのメリット・デメリット

カーポートは支柱と屋根だけのシンプルな駐車スペースです。

車を停められるスペースさえあればいつでも建てられるので、新築時以外でも思い立ったときにすぐに施工にとりかかれます。

ガレージと比べると価格が低いという点もメリットです。

しかし、車を完璧に覆うわけではないので、防犯性が低く、悪質ないたずらの被害に遭う恐れがあります。

また、屋根はあるものの側面・前面が覆われているわけではないため、雨風が激しいときには乗降車が難しいというデメリットもあります。

メリット デメリット
  • 駐車スペースさえあれば、いつでも施工できる
  • ガレージよりも設置費用が安い
  • 防犯性が低い
  • 悪天候の時は乗降車しにくい

駐車場・ガレージ・カーポートの特徴や違いを知って検討しよう

駐車場・ガレージ・カーポートの違いをご理解いただけたでしょうか。

カーライフを楽しくするためにも、駐車スペースの違いを知り、納得できるスタイルを選んでください。