おしゃれな外壁リフォームのコツは?色の選び方・失敗しないポイント

家の外観を構成する要素の中でも、外壁は最大の面積を占めます。

つまり、外壁をおしゃれにすることで、家全体をおしゃれにグレードアップすることができるのです。

おしゃれさを高める外壁リフォームのコツについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

おしゃれな外壁リフォームには「色の選び方」を知ろう

おしゃれな外壁リフォームには「色の選び方」を知ろう

外壁の素材を変更することでもおしゃれさをアップさせることができますが、色を変えるだけでもおしゃれ度が飛躍的に向上します。

まずは色が持つイメージを把握し、外壁のメインカラーを選んでいきましょう。

イメージ
ホワイト
  • 清潔感のあるイメージに
  • 屋根の色も白っぽいときはモダンな印象
  • ダークカラーの屋根のときはコントラストが美しく映えるのでトラディショナルな印象
ブラウン
  • 暖かみのあるイメージに
  • 薄いベージュなら和風住宅にも合う
  • ダークブラウンを選べばシャープな印象に
グレー
  • 落ち着きのあるイメージに
  • ライトグレーは汚れが目立ちにくい
  • ダークグレーは高級感のある外観を好む方におすすめ

同じ色でも暖色系・寒色系がある

同じ色でも色が持つ「暖かみ」が異なると、全体の印象が大きく変わってきます。

たとえばホワイト1つでも、暖色系のホワイトと寒色系のホワイトがあるので、イメージに合う色合いを選びましょう。

寒色系の色ならば「清潔感」や「シャープさ」が際立ちますが、暖色系なら「暖かみ」や「新しさ」を印象付けることができます。

好みに合わせて選んでください。

同系統の色を混ぜることで奥行きを演出する

外壁をパネルで仕上げる場合、全体を同じ色に塗られたパネルを選ぶとシンプルで清潔感が出ますが、少し平面的な印象を与えてしまいます。

奥行きのある広々とした家に見せたいときは、同系統の色を混ぜたパネルを選択してはいかがでしょうか。

微妙に違いのある同系色の色が複雑に並ぶことで、家全体の奥行きを演出できます。

パネルではなくレンガを使用する場合も、同系統の色を混ぜることで奥行きを演出することができます。

複雑に色を組み合わせるため施工費用が高くなるケースも多いですが、こだわった様子が伝わるオリジナリティの高い住宅に仕上がります。

また、一部分が欠けても目立ちにくいというメリットもあります。

外壁リフォームをおしゃれにするにはアクセントを加えるのも一手

外壁リフォームをおしゃれにするにはアクセントを加えるのも一手

外壁全体を同じ色・パネルで統一する必要はありません。

おしゃれな外観を目指すなら、一部にアクセントを加えてみてはいかがでしょうか。

たとえば玄関まわりだけをレンガで仕上げると、高級感が一気に向上します。

通常、他人の家の外壁をじっくりと見ることはありませんが、玄関は別です。

玄関まわりに高級感のあるレンガを使用することで、家全体のグレードがアップするでしょう。

家の一部や2階部分全体などに別の色の塗料を選ぶこともおすすめです。

たとえば2階部分の外壁を淡いトーンに塗装するなら、遠近感が生じて家屋の高さが強調されます。

また、リビングやポーチのある部屋だけを別の色で塗り替えるなら、個性的な住宅に仕上がるでしょう。

おしゃれな外壁リフォームをするはずが…!?よくある失敗例

おしゃれな外壁リフォームをするはずが…!?よくある失敗例

住宅全体の印象を左右する外壁は、リフォームする際も細心の注意を払う必要があります。

おしゃれにリフォームするはずが、ちょっとしたことでセンスが悪く見えてしまったり、リフォーム前よりも古びて見えたりすることもあるのです。

<イメージ違い>

工務店や住宅メーカーに色見本を見せてもらうときは、家全体を塗り替えた状態でシミュレーションしてみましょう。

10センチ角のサンプルでは家全体のイメージが湧きにくく、予想外の仕上がりになりかねません。

<バランスが取れない>

アクセントカラーや屋根との配色バランスも考えてください。

バランスを無視して好みの色を選んでしまうと、アクセントカラーや屋根が悪目立ちする可能性もあります。

<ドアや窓、ベランダとの相性が悪い>
外壁を選ぶときは、ドアや窓枠、ベランダ、ポーチとのデザインバランスもよく吟味しましょう。

色や素材、質感が合っていないと、不自然な印象の住宅に仕上がってしまいます。

外壁のイメージが明確に決まっている場合は、外壁に合わせてドアや窓枠等も一緒にリフォームすることもできるでしょう。

ただし、費用が高くなるので、2社以上の工務店から見積もりをとって比較することをおすすめします。

おしゃれな外壁リフォームの前に地域の「景観ガイドライン」を確認!

おしゃれな外壁リフォームの前に地域の「景観ガイドライン」を確認!

地域によっては、好みの外壁に仕上げられないこともあります。

とりわけ美観地区や歴史的な建物が多い地域では、新築時やリフォーム時の「景観ガイドライン」が定められていることが一般的です。

勝手にリフォームをしてしまうと、後で自治体からやり直しを命じられることにもなりかねません。

工務店やお住まいの市区町村に問い合わせて、景観ガイドラインに沿ったリフォームプランを立てるようにしてください。

おしゃれな外壁リフォームで自分好みの家づくりを実現しよう

外壁を変えると、家全体が新しくなったように見えます。

せっかくならおしゃれに見えるポイントも網羅して、お住まいをグレードアップさせてみてはいかがでしょうか。