新築住宅のキッチン選び!失敗しないためのポイントは?

家族の暮らしを豊かにするためには、美味しい食事が不可欠です。

新築住宅を設計する際には、特に「キッチン」にこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。

失敗しないキッチン選びのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

新築住宅のキッチン選び1.サイズ(横幅・高さ・奥行き)

新築住宅のキッチン選び1.サイズ(横幅・高さ・奥行き)

コンロ台と調理台、シンクがセットになったシステムキッチンは、スタンダードなもので横幅が160~300㎝、奥行きが55~65㎝あります。

システムキッチンの横幅が広いと作業はしやすくなり、2人以上で調理をおこなう際にも手がぶつかりにくく便利です。

しかし、あまりにも横幅が広いと使い勝手が悪くなり、掃除の負担も増えてしまいます。

カタログだけでは分かりにくいので、ショールームなどで実際に触り、使いやすいと思える横幅を選びましょう。

また、奥行きも広いほうが作業しやすくなりますが、その分、キッチンの床部分が減ってしまうため、空間を狭く感じてしまいます。

キッチン内ですれ違える程度の広さを確保してから、システムキッチンの奥行きを決めましょう。

一方、対面で調理ができるアイランド型のシステムキッチンは、横幅が100~200㎝、奥行きが80~100㎝程度の大きさです。

通常のシステムキッチンと同様、幅や奥行きが広ければ広いほど調理はしやすくなります。

ただ、幅や奥行きが広い分、床部分が狭くなってキッチン内の移動が不便になるので、余剰空間が充分に残る大きさのシステムキッチンを選ぶようにしましょう。

調理台の高さが合っていないと身体に負担がかかる

調理台の高さもキッチン選びの重要なポイントです。

低すぎると中腰で作業をするため腰痛の原因になり、高すぎると肩をすくめる姿勢で作業をするため肩こりの原因になることもあります。

調理台の理想的な高さは、身長の半分に5㎝を加えたものとされています。

例えば160㎝の方ならば調理台の高さは85㎝程度が使いやすいでしょう。

ほとんどの設備メーカーで3パターン以上の高さのシステムキッチンを用意しているので、実際にショールームで調理台の前に立ち、作業しやすいものを選んでください。

新築住宅のキッチン選び2.動線(レイアウトや作業のしやすさ)

新築住宅のキッチン選び2.動線(レイアウトや作業のしやすさ)

料理中は、何度も「冷蔵庫から食材を取り出す」「シンクで洗う」「調理台で切る・合える・盛り付ける」「コンロ・オーブンで調理する」の動きを繰り返します。

そのため、各場所のレイアウトに問題があると動線が複雑になり、作業の手間と時間が増えてしまいます。

作業しやすいキッチンを完成させるためにも、冷蔵庫と調理台・シンクの距離は120~200㎝程度、シンクとコンロの距離も120~200㎝程度になるように配置しましょう。

なお、コンロと冷蔵庫の距離があまりにも近いと、火を使った作業をしているときに別の人が冷蔵庫の中のものを取り出しにくくなるためおすすめできません。

コンロと冷蔵庫は向かい合わせ・隣同士になるように配置せず、150㎝~250㎝程度の間隔を空けるほうが良いでしょう。

新築住宅のキッチン選び3.利便性(収納スペースや掃除のしやすさ)

新築住宅のキッチン選び3.利便性(収納スペースや掃除のしやすさ)

キッチンには、収納するものがたくさんあります。

食器類やカトラリー類、調理器具、調理家電、米や乾麺などの食品、備蓄用の非常食や飲用水等、多めに収納スペースを取っても入りきらない可能性もあるでしょう。

また、キッチンに収納するものは今後も増える可能性が大きいという点にも注意が必要です。

かわいい食器や便利な調理家電を見つけて購入することもありますし、引き出物などでカップセットやペア茶碗などをもらうこともあるでしょう。

お中元やお歳暮などでジュース類や常温保存のお菓子などをもらうかもしれません。

キッチンスペースを無駄なく活用して、収納は大きめに設計するようにしてください。

IHコンロやガラスコーティングボードも検討しよう

キッチンの中でも、とりわけコンロ周りは汚れやすいものです。

フライパンから油が飛び散ったり鍋からスープが噴きこぼれたりすることもあるので、コンロはできるだけ凹凸が少ないものを選び、掃除しやすい状態にしておきましょう。

IHコンロならフルフラットなので、少ない手間で清潔さを維持できます。

また、コンロ周りの壁は、ガラスコーティングされた素材かタイルを選ぶようにしましょう。

通常の壁紙では汚れがつきやすいので、すぐに劣化してしまうことになりかねません。

新築キッチンにあると便利なオプション

新築キッチンにあると便利なオプション

あると便利なオプションプランを紹介します。

<ハンズフリー水栓>
シンク付近での手の動きをセンサーが感知して、自動で吐水・止水できる水栓システムです。

手が汚れているときや両手がふさがっているときなどに、ハンズフリーで吐水・止水ができると便利です。

<食器洗い乾燥機>
後付けで設置することもできますが、システムキッチン内に組み込むことで調理台が広く使えます。

食後はゆっくりとくつろぎたい方にもおすすめのオプションです。

新築住宅のキッチン選びは理想の暮らしをイメージして考えよう

キッチンが使いやすいと、家事が楽しくなります。

理想の暮らしを実現するためにも、間取りや設備、デザインなど細部までこだわってキッチンを作りましょう。