引越しの挨拶にお返しは必要?知っておきたいマナーを解説

ご近所の方が引越しの挨拶として粗品を持って来られたとき、お返しはするべきなのでしょうか。ちょっと高価なものなどをもらったときは、特に気になるかもしれません。引越しの挨拶にまつわるマナーを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

引越しの挨拶に基本的にはお返しは不要

引越しの挨拶に基本的にはお返しは不要

引越しの挨拶には、ちょっとしたプレゼントを持ってうかがうことが一般的です。のしに「粗品」もしくは「ご挨拶」と書き、その下には苗字が記載されています。

通常は引越しの挨拶として500円~1,000円程度の少額のものを渡すので、基本的にはお返しは不要です。「このようなお気遣いは不要です!」と言うのも角が立つので、丁寧にお礼を述べて有難く受け取っておきましょう。

粗品に対するお返しは迷惑になることもある

引越しの挨拶の際には、タオルや乾麺、クッキーなどの「たくさんあっても困らないもの」や「日持ちがするもの」で、なおかつ少額のものを渡すことが基本です。そのため、逆にお返しをすると「そんなつもりではなかったのに…」と迷惑に感じる方も多いでしょう。

それどころか、お返しをしたことで「歓迎されていない」と感じる方もいるので、引越しの挨拶にはお返しをしないほうがマナーに適っていると言えるのです。

高価なものをいただいたときは?

500円~1,000円程度のどう見ても粗品を渡されたときなら、気兼ねなく受け取ることができるでしょう。しかし、3,000円、5,000円もしそうな高額なお菓子の詰め合わせや食料品などを「引越しの挨拶代わりに…」と持ってこられる方もいらっしゃいます。

もちろん、好意で持ってきてくれているのですから、「こんな高価なものは受け取れません!」と拒絶するのはNGです。とはいえ、あまりにも高額なものを初対面の方から受け取るのも気が引けるのではないでしょうか。高価なものをいただいたときは、次の2つの方法で「お返し」をしましょう。

「お返し」と悟られないプレゼントを渡す

最初にも説明しましたが、引越しの挨拶にお返しは不要です。高価なものだとしてもお返しは不要なので、お返しをすることで逆に「マナー違反」と思われたり「歓迎されていない」と感じられてしまったりするおそれがあります。

どうして良いか悩んだ時は、引越して来られた方に「お返し」と悟られない形でプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか。例えば引越しの挨拶から1、2週間後くらいに「いただきものが重なってしまったので、もらってもらえると助かるわ」と言いつつ、フルーツやお菓子などのすぐに食べられるものをプレゼントするのもおすすめです。相手に負担をかけないように配慮して渡すようにしましょう。

お茶などに招待する

品物で渡すことに抵抗がある方は、お茶などに招待してみてはいかがでしょうか。引越して来られた方が日中家にいることが多そうなら、「お近づきのしるしに、お茶を飲みにいらっしゃいませんか?」と招待してみましょう。

引越して来られた方にも都合があるので、招待したい日の少なくとも3日前には声をかけるようにしてください。紅茶とお菓子でおもてなしをするなら、仲良くなるきっかけにもなるでしょう。

引越しの挨拶を受けたときに覚えておきたいマナー

引越しの挨拶を受けたときに覚えておきたいマナー

引越しの挨拶を受ける側にも、マナーが求められています。守るべきマナーとしては、次の2つがあります。

  • 粗品であっても感謝を示す
  • 歓迎する言葉を忘れずに

いくら少額の粗品だと言っても、無料ではありません。お金を払って購入したものであるだけでなく、「ご近所の方に喜んでもらいたい」と考えて、わざわざ選んでくれた品物なのです。ちょっと目新しい物なら「一度、使ってみたいと思っていたんですよ」、タオルなどの定番の物なら「子どもがいるので何枚あっても嬉しいです。助かります」と喜んでいる気持ちを伝えるようにしましょう。

また、帰り際には、「分からないことがあったら、何でも聞いてくださいね」と相手の不安を和らげる言葉をかけることも大切です。「お友だちになれそうな方が来てくださって、嬉しいです」という言葉も、引越して来られた方には嬉しいでしょう。

挨拶の品が家の前に置かれていたときは?

挨拶の品が家の前に置かれていたときは?

生活時間帯が合わない場合は、挨拶の品物が家の前に置かれているというようなことがあるかもしれません。できればすぐに挨拶に行き、お礼の気持ちと歓迎の言葉を伝えるようにしましょう。もちろん、手ぶらでOKです。

品物を玄関前に置くことは、防犯上、決して勧められることではありません。しかし、「不在だと分かるので、以後はこのようなことは謹んでもらいたい」と注意するのは好ましくないので、引越しの挨拶時に限り、目をつぶるようにしてください。

ただし、引越しの後に何度か玄関前に物を置くようなことがあったときは、やんわりとした言い方で「家に誰もいないって分かってしまいますね」と注意するほうが良いでしょう。

引越して来られた方と挨拶を通して友好的な関係を築こう

引越して来られた方と仲良くなるためにも、最初が肝心です。挨拶に来てくださった時は素直に歓迎し、物をいただいたら喜んでお礼を言いましょう。