火災保険の水災補償ではどこまで保障される? 津波や水漏れに対応する?

火災保険で保障されるのは「火事による被害」だけではありません。落雷や水災、風災とさまざまな災害に対応しています。火災保険の水災補償ではどこまで保障されるのか、どのようなケースでは保障されないのかについて解説します。気になる津波や水漏れに備える方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

火災保険とは

火災保険とは

火災保険とは、「火災」という名前がつきますが、基本的には生活のあらゆる不安から家屋や家財を守る保険を意味します。一般的に、火災保険では、火災以外にも雹災や雪災、風災、水災、破裂・爆発などによる幅広い被害に備えることが可能です。

また、火災保険によっては、盗難補償や自宅の破損・汚損に備えられるものもあります。住まいと家財を守りたい方は、ぜひご自宅の火災保険の保障内容を見直し、必要な保障をつけているのか確認しておくようにしましょう。

水災とは

「水災」とは、台風や豪雨によって洪水や土砂崩れなどが起こることを指します。近年では、集中豪雨が起こって雨水がマンホールや側溝からあふれる被害も増えています。

<水災による被害の例>

  • 河川が氾濫し、家具や家電が水浸しになって使えなくなった
  • 豪雨によって土砂崩れが起こり、家屋が損壊した
  • 豪雨によってマンホールや側溝から水があふれ、家屋に浸水した
  • 台風によって雨漏りが起こり、家屋や家財が使えなくなった
  • 豪雨によって塀が崩壊した。家が流された
  • 台風の中で作業をしたら、転倒してケガをした
  • 台風で庭に置いていた植木鉢が飛び、隣家の窓を割った

日本は雨が多く土地が狭いため、一度、台風や集中豪雨が起こると多くの被害を招きやすいという特徴があります。万が一のことが起こったときのためにも、火災保険を活用して水災に備えておきましょう。

火災保険の水災補償とは?

火災保険の水災補償とは?

火災保険の水災補償とは、水を伴う自然災害、例えば台風や暴風雨、豪雨などによる直接あるいは間接的な被害を補償することです。例えば集中豪雨によって床上浸水し、家を立て直さなくてはならなくなった場合は、水災による直接的な被害で水災補償が適用されることになります。

また、豪雨で地盤がゆるみ、土砂崩れが起こることもあるでしょう。土砂崩れ自体は水害ではありませんが、原因が雨(水)のため、被害が起こるならば水災補償の範囲に含まれることが一般的です。

加入時に決めた「補償範囲」によって保障適用が変わる

火災保険に加入するときは、補償範囲をどこにするかが重要になります。「家屋」だけにするのか、あるいは「家財」だけにするのか、また、「家屋と家財」の両方を補償範囲に含めるのか決めなくてはなりません。

「家屋と家財」を補償範囲にすると、万が一の時にも安心を得られます。しかし、補償範囲が広い分、保険料が高額になるので、どこまでをどの程度保障したいのか吟味してから補償範囲を決めるようにしましょう。

なお、補償範囲を「家屋」だけとした場合でも、建物内の設備に関しては保障が適用されることがあります。例えばシステムキッチンやシステムバス、トイレ、床暖房、照明器具、エアコンなどは、家財ではなく家屋に含まれ、家屋だけを補償範囲とした場合でも補償対象となります。一方、冷蔵庫やテレビなどの建物に固定しているとは考えられない家電製品については、家財として考えられるため、家屋だけを補償範囲とした場合には補償対象になりません。

※賃貸マンションの場合において、賃貸契約を結んでいる貸借者自身が持ち込んだ照明器具やエアコンなどの設備に関しては「家財」となり、家屋だけの火災保険の補償対象とはなりません。

水災補償は基本補償に含まれる?

火災保険は、保険商品によって基本となる補償の範囲が異なります。水災補償を基本の補償に含めている保険商品もありますが、契約者自身で「水災補償」を選ばない限りは保障されない保険商品もあります。

台風がよく通る地域にお住まいの場合や、家の近くに崖や河川などの水災時にトラブルが起こりそうな環境の方は、水災補償をつけておくほうが良いでしょう。また、万が一の損害に備えて、十分な保障を用意しておきたい方も、水災補償をつけ、補償範囲を「家屋と家財」にすることを検討してみましょう。

火災保険では対応できない水のトラブル

火災保険では対応できない水のトラブル

水による被害に備える火災保険の水災補償ですが、対応できないトラブルもあります。例えば「津波」は水によって起こる被害ですが、元々の原因は「地震」のため、地震保険に加入していないと保障が適用されません。海のそばなどの津波の恐れがある地域にお住まいの方は、火災保険と一緒に地震保険にも加入し、津波の被害にも備えられるようにしましょう。

また、「水漏れ」も水によって起こる被害ですが、水災補償には含まれていません。火災保険では、漏水などによる水濡れ被害に対応できる「水濡れ補償」をつけることもできるので、マンションにお住まいの方や、二階にお風呂や洗濯機がある方は検討することができるでしょう。

環境や不安点から保障内容を選ぼう

お住まいがどのような環境にあるか、また、何に不安を感じているかによって、適した保障内容は異なります。大切な住宅・家財を守るためにも、保障内容や保険金を吟味して火災や水災に対応できる保険に加入しましょう。