外壁塗装の相場はどのくらい? 塗り直しの時期についても解説

外壁の塗装が剥げてくると、住宅の見た目が一気に悪くなります。また、見た目だけでなく、汚れやカビが付着しやすくなったり、家屋内に湿気が入りやすくなったりと、機能面でも問題が生じます。外壁塗装の相場と塗り直しの時期を解説しますので、ぜひ参考にして、美しく快適な住宅維持に役立ててください。

外壁塗装の相場な何で決まる?

外壁塗装の相場な何で決まる?

外壁塗装の相場は、次の3つの要素で決まります。

  • 使用する塗料の種類
  • 塗装面積
  • 建物の高さ

外壁に使用する塗料にはいろいろな種類があります。例えばアクリル系樹脂なら単価は安く抑えられますが、3~5年ほどで剥げてしまうことがあり、すぐに再塗装しなくてはなりません。一方、フッ素系樹脂の塗料なら、塗料自体が高額なため費用も高額になりますが、15~20年ほどは塗り替え不要なことが多いので、再塗装の時期を遅らせることができます。

また、塗装面積によっても外壁塗装の相場は変わります。塗装面積が広くなると使用する塗料の量が増えるだけでなく、作業時間も長くなるため、全体の塗装費用は高くなるでしょう。

その他にも、建物の高さによって相場が変わります。2階以上の建物なら足場を組まなくてはいけないため、足場代が発生します。足場を組むとなると足場の費用がかかるだけでなく、作業時間が長くなって作業人員も増えることになるため、10万円単位で塗装費用が高くなることもあります。

外壁塗装の相場

塗料の種類と塗装面積、建物の高さによって、おおまかな外壁塗装の相場が決まります。ただし、塗装業者によっても実際にかかる費用は大きく異なるため、必ず2社以上から見積もりを取り、納得できる仕事内容や費用の業者に仕事を依頼するようにしましょう。

また、見積もりをもらったら、費用だけをチェックするのでは不十分です。下塗りや本塗りを何度繰り返すのか、養生範囲や使用する塗料の種類、工事の事例なども詳しく調べておきましょう。その他にも、アフターサービスはどの程度の期間あるのか、どの程度の範囲まで保障してくれるのかも確認しておくことが大切です。

塗料別の相場表

建物の延べ坪数 塗装面積の目安 塗料ごとの相場
30坪 100~120平方メートル
  • アクリル系:35万円~45万円
  • ウレタン系:40万円~50万円
  • シリコン系:60万円~80万円
  • フッ素系:65万円~90万円
  • 40坪 140~160平方メートル
  • アクリル系:45万円~55万円
  • ウレタン系:50万円~60万円
  • シリコン系:70万円~90万円
  • フッ素系:75万円~100万円
  • 50坪 180~200平方メートル
  • アクリル系:55万円~65万円
  • ウレタン系:60万円~70万円
  • シリコン系:80万円~100万円
  • フッ素系:85万円~110万円
  • 60坪 220~240平方メートル
  • アクリル系:65万円~75万円
  • ウレタン系:70万円~80万円
  • シリコン系:90万円~110万円
  • フッ素系:95万円~120万円
  • 70坪 260~300平方メートル
  • アクリル系:75万円~85万円
  • ウレタン系:80万円~90万円
  • シリコン系:100万円~120万円
  • フッ素系:110万円~140万円
  • 公的補助金制度を活用して賢く外壁塗装をしよう

    塗料に遮熱効果などがあり、塗装し直すことで省エネにつながると考えられるときは、「省エネリフォーム補助金制度」の対象となることがあります。

    省エネリフォーム補助金制度とは、自治体によって実施していることがある制度で、該当するリフォームだと判断されるときには1~20万円程度の補助金を受給できます。ぜひお住まいの自治体で実施していないか調べてみましょう。

    塗り直し時期の目安

    塗り直し時期の目安

    塗料によって、塗り直しの時期が異なります。ぜひお住まいの建物の塗料を調べ、塗り直しの時期を把握しておきましょう。どの塗料を使用したか分からないときは、シリコン系塗料の塗り直し時期を参考にしてください。シリコン系塗料は価格の機能のバランスが取れているため、個人用住宅ではもっとも利用されている塗料です。

    塗料の種類 塗り直しの目安
    アクリル系塗料 3~5年
    ウレタン系塗料 5~10年
    シリコン系塗料 8~15年
    フッ素系塗料 15~20年

    塗り直しのサイン

    日差しが強い地域や雨風が激しい地域では、早く塗料が劣化し、塗り直しの時期が早く訪れることがあります。以下のような状態が外壁に見られたときは、上記の塗り直しの目安時期を待たずに塗装を依頼するようにしましょう。

    • 外壁にカビが付着している
    • コーキング材(外壁パネルをつないでいる部分)に剥がれや穴が多数見える
    • 外壁を触ると白い粉(チョーキング)がつく
    • 外壁に亀裂のような線が見える
    • 高圧洗浄機などを使って外壁掃除をしても、元々の色よりも褪せているように見える
    • 室内の壁の上部などに雨染みが見える

      外壁塗装以外の部分も定期的なメンテナンスが必要

      外壁塗装を定期的に行うことは、住宅を美しく保ち、快適に暮らすために欠かせないことです。また、外壁だけでなく、その他の部分も定期的にメンテナンスを行いましょう。例えば屋根の塗り替えも、定期的に行う必要があります。外壁塗装と同時に行うことでコストダウンすることも可能なのでぜひ検討してみましょう。