カーポートの耐用年数はどのくらい?長持ちさせるコツや寿命の判別方法も紹介

カーポートの耐用年数はどのくらいかご存知ですか?カーポートは玄関付近に設置することが多いため、住宅のイメージを大きく左右します。長持ちさせるコツや寿命の判別方法も紹介しますので、ぜひ参考にして美しいカーポートを維持していきましょう。

カーポートの耐用年数

カーポートの耐用年数は一般的に製造年から10~20年と言われています。戸建て住宅では支柱の素材がアルミニウムで屋根材がポリカーボネートのカーポートを選ぶ方が多いですが、アルミニウムは腐食に強いため、15~20年はリフォームせずにもつことが多いです。

ところで、耐用年数とは元々「減価償却資産を使うことが可能な期間」という意味です。固定資産税は土地と建物に対して発生しますが、事業用に使う設備等に関しては「減価償却資産」として固定資産税が生じる対象となります。カーポートや車輌、カーナビ等の車輌設備も「減価償却資産」のひとつのため、事業用に用いるときには税金の対象となることがあります。

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」では、カーポートの耐用年数が15年と記されています。別表第一の「構築物」内の「露天式立体駐車設備」がカーポートに相当し、15年経てばカーポートに対する固定資産税の計算方法が変わり、毎年取得価額の5%以上を納税することになります。詳しくは経理担当者や税理士にご相談ください。

耐用年数を左右する要素

法的な耐用年数ではなく、一般的な耐用年数(どのくらいの期間使用できるか)について考えていきましょう。カーポートの耐用年数は、素材によっても大きく異なります。例えば頑強さが特徴のスチールは、サビやすいためアルミニウムやポリカーボネートよりも耐用年数が短くなる傾向にあります。

また、耐用年数は環境にも大きく左右されます。日差しが強い環境や風が強い場所に建てられたカーポートは10年以内に使えなくなるかもしれません。その他にも、海沿いや積雪地帯のカーポートも、通常よりも早く耐用年数になってしまう可能性があるでしょう。

カーポートの寿命を判別する方法

素材や環境によって、カーポートの寿命は左右されます。そのため、「15年経ったらリフォームすれば良い」と一概に決めてしまうのではなく、定期的にカーポートをチェックして、寿命が近づいたと判別したときにリフォームをすることをおすすめします。

以下のポイントをぜひチェックしてみてください。該当するポイントがあるときは工務店や外構業者等に点検を依頼し、建て替えが必要か判断してもらいましょう。

<カーポートの寿命をチェックするポイント>

  • 雨漏りがしている
  • 支柱の部分にサビがついており、簡単には落ちない
  • 屋根部分にひび割れのようなものが見える

カーポートを長持ちさせるコツ

カーポートをリフォームする際には、1台用で20~60万円ほど、2台以上用で40~80万円ほどかかります。少しでもリフォーム工事をする時期を遅らせるためにも、「できればカーポートを長持ちさせたい」と考える方は多いのではないでしょうか。

カーポートを長持ちさせるには、何よりもまずメンテナンスが大切です。次の3つの方法で定期的にメンテナンスを行い、カーポートの寿命を延ばしていきましょう。

<カーポートのメンテナンスの方法>

  • 洗剤を使って定期的に洗う
  • コケやサビを早めに取る
  • パイプの中を掃除する

洗剤を使って定期的に洗う

「雨で汚れが流れ落ちているはずだから掃除する必要がない」と考えている方はいませんか?カーポートの汚れは雨では落ちません。定期的にホースの水で洗い流してから、中性洗剤をスポンジにつけ、丁寧に汚れを落としていきましょう。

スポンジで屋根も支柱も洗ったら、最後にもう一度水で流して完了です。屋根には鳥のフンやほこり、枯れ葉などのゴミが意外とたくさんつくので、2~3ヵ月に一度のペースで洗ってください。

コケやサビを早めに取る

コケやサビがカーポートに付着すると、その部分から金属が腐食してもろくなってしまいます。特にスチール素材のカーポートはサビがつきやすく、腐食しやすいので、定期的にチェックして早めに取っておきましょう。

ついたばかりなら水洗いするだけでも取れますが、そのまま放置すると新たなサビが生じかねません。水洗いした後にタオル等で水気をしっかりと拭いてください。

パイプの中を掃除する

カーポートの屋根部分には雨どいがあり支柱に沿って取り付けられたパイプを通って雨水が下に流れる仕組みになっています。

しかし、パイプに入るのは雨水だけではありません。雨どいに詰まった枯れ葉やゴミなども流れ込むため、パイプが詰まり、腐食の原因になることもあるのです。パイプは手で簡単に取り外せるようになっていることが多いので、2~3ヵ月に一度は取り外して中を掃除してください。

定期的なメンテナンスでカーポートの耐用年数を延ばそう

定期的にメンテナンスをすることで、カーポートの耐用年数を延ばすことは可能です。2~3ヵ月に一度は徹底的に汚れを落とし、美しい状態を保つようにしましょう。また、寿命と判断されるときには、早めに工務店等に相談することも大切です。住宅全体の見た目と機能性を保つためにも、メンテナンスをこまめに行いましょう。