ZEH(ゼッチ)とは?省エネルギー住宅について知っておくべき情報を紹介します!

ZEH(zeh:ゼッチ、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)という言葉を聞いたことはありますか?

ZEHが分かると、省エネルギー住宅についても分かります。ZEHとは何か、また、住宅建築・購入を考えている方なら知っておきたいZEHについての情報をまとめましたので、ぜひご覧ください。

ZEHとは?

ZEHとは?

ZEHとは、断熱性能の高い素材や高効率設備を導入することで、快適に省エネルギーを実現する住宅のことです。ZEHでは、太陽光発電等による再生可能エネルギーを利用し、年間のエネルギー消費量と年間のエネルギーを生み出す量が同一になることを目指します。

政府では、2030年までには新築住宅の平均でZEHの実現を目指すことを目標とし、また、マンションにおいてもZEH(集合ZEH)の実現を目指しています。ZEHの普及を促進することで、化石燃料等の限りある資源の利用減少と、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出抑制も期待できるでしょう。

ZEHを導入するメリットとは?

ZEHを導入するメリットとは?

政府ではZEH支援事業の一環として、2020年までに受注住宅の半数以上をZEHとする目標を設定した住宅メーカーや工務店、リフォーム業者等を「ZEHビルダー」として登録し、公表しています。2018年時点では6,300を超えるZEHビルダーが登録され、ZEHの建築や販売を進めています。

では、ZEHを導入することで住宅オーナーとしてはどのようなメリットがあるのでしょうか。いくつか紹介しますので、ZEH導入をすべきかどうか検討してみましょう。

住宅購入・建築のコストダウン

ZEHを購入・建築をする際に、給付金制度に申請して給付金を受給できることがあります。一般社団法人環境共創イニシアチブでは「ZEH支援事業」を行い、基準を満たす住宅一戸あたり60万円の補助金給付を実施しています。

また、再生可能エネルギーの自家消費を拡大した住宅「ZEH+(ゼッチプラス)」には「ZEH+実証事業」として一戸あたり130万円の補助金給付も行っています。停電時にも自立可能なシステムを備えている住宅「ZEH+R(ゼッチプラスアール)」には「ZEH+R強化事業」として一戸あたり175万円(空気式太陽熱温水システムを導入した場合の最大金額。液体式太陽熱温水システムを導入した場合は132万円が最大金額となる)等の補助金給付も実施しています。住宅を購入・建築する際のコストを抑えたい方も、ZEHを検討することができるでしょう。

※環境共創イニシアチブの給付金事業は予告なく終了することもあります。

光熱費の削減

ZEHはエネルギーをつくる量と利用する量が同一になることを目指す住宅のため、ZEHに住むなら光熱費の削減も目指すことができます。

例えば、太陽光発電システムを導入するならば、電力会社から購入する電力量を減らすことができるでしょう。また、断熱性能が高い壁材・床材・屋根・塗料等を利用することで、外気温の影響を受けにくい住宅になります。エアコン等の暖房器具・冷房器具の利用も減らせるでしょう。

災害時に強い

太陽光発電システムだけでなく蓄電池システムも導入しているZEHならば、災害等によって停電が起こった場合でも、家庭内で電力を使うことができます。例えば照明が利用できるだけで、ロウソク等の火災を引き起こす可能性がある光源を使用せずに済みます。

また、災害時には正確な情報を入手して適切に行動することが平常時よりも求められますが、情報を入手するために必要なスマートフォンやテレビも、電力がないならば利用することができません。蓄電池システムがあればスマートフォンを適時充電できるため、誤情報に惑わされるリスクを回避できるでしょう。

地球環境を守る

ZEHは再生可能エネルギーを積極的に利用する住宅です。化石燃料等の二酸化炭素を排出するエネルギーの利用を抑えるため、地球温暖化を抑制する効果も期待できます。

地球温暖化により絶滅の危機にさらされている生き物も少なくありません。国際自然保護連合(IUCN)の発表によりますと、2,835種(2017年時点)もの動物が気候変動により絶滅の危機にさらされています。地球に住むすべての生き物を守るためにも、地球温暖化を阻止することは人類に課せられた使命と言えるでしょう。

ZEHのデメリット

ZEHのデメリット

経済的なメリットだけでなく地球環境を守ることにもなるZEHですが、導入することで少なからずデメリットもあります。

例えば、ZEH支援事業を活用したとしても、ZEH以外の住宅を購入するよりもコストがかかります。太陽光発電システムを導入するには一般的な住宅で120~200万円、蓄電池システムの導入には80~150万円ほどかかるため、設備導入だけでも通常住宅よりも200~350万円もコストアップします。

また、太陽光発電システムによって得られる電力は天気に左右されるため、発電量が安定しない点もデメリットです。電気料金が安くなる月もありますが、冬場や雨続きの時期はあまりお得になったように感じないかもしれません。

さらに太陽光発電システムを導入するためには、屋根の形状や向きに条件があることも忘れてはいけません。太陽光が十分に当たることを優先するため、希望に合わない屋根を採択しなくてはいけなくなる可能性もあります。

ZEH住宅で環境に良いことを始めよう

デメリットがあるとはいえ、環境問題について考えるならZEHは良い選択肢のひとつです。住宅を購入・建築する際、ぜひZEHも意識してみてはいかがでしょうか。