木造住宅の耐震性とは?検討する際のポイントや自宅を確認する方法

日本は、世界的にも地震発生率が高い国です。

木造住宅に住むことを検討している人は、いつ起きるかわからない地震に備え、耐震性について知っておきましょう。

木造住宅の耐震性についての基本やポイント、自宅の耐震性を確認する方法をまとめました。

木造住宅の耐震性は?構造や工法の違いで差は出るのか

家のミニチュアと聴診器

日本で家を建てる場合、耐震性能は建築基準法で守るべき基準が定められています。

建築基準法の「新耐震基準」に則った木造住宅は、震度6強から震度7程度の地震なら、建物にいくらかの被害は出ますが、倒壊や崩壊は避けられるよう設計されています。

また、震度5強程度の場合は、建物の機能を保てるように設計されます。

震度については、数値だけではイメージが湧きにくいので、気象庁の図「震度とゆれの状況」を参照しましょう。

国土交通省・気象庁「震度について」の図

<引用:国土交通省・気象庁「震度について」

また、日本の住宅に用いられる構造は、主に3つです。

  • 木造
  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート構造

木造住宅の耐震性は、壁量計算と言われる「壁の量や配置」で決まります。

鉄骨造や鉄筋コンクリート構造の耐震性は、構造計算によって決まります。

どの構造建築であっても、コストや工期の条件なしで各計算に基づいて設計すれば、耐震性に差はなく、住宅構造での優劣はありません。

木造住宅は軽くて揺れにくいので有利!ただし品質管理面では他に劣る

木造住宅と、鉄骨造と鉄筋コンクリート構造を、特性で比べてみましょう。

建物の重量は、耐震性を考える際に重要です。

地震エネルギーは、建物の重量に比例して働くので、住宅が重いほど地震で大きく揺れることになります。

3つの住宅構造の重さを比較すると、次の順になります。

  • 重い:鉄筋コンクリート構造
  • 真ん中:鉄骨造
  • 軽い:木造

木造建築物と比較すると、鉄筋コンクリート構造の建築物は約5倍の重量になります。

住宅の大きさが同等ならば、軽い木造住宅がもっとも揺れにくく、被害を抑えられやすいと考えられます。

ただ、品質管理の面では、木造住宅は、鉄骨造と鉄筋コンクリート構造に劣るとされます。

鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造は、工場で生産できたり規格が整えたりできますが、木造は現場での加工が多々あり、施工会社や職人の腕によって品質に差が出やすくなります。

「設計どおりの耐震性」を求める場合、信頼と実績がある施工会社選びが重要になるわけです。

木造住宅の耐震性は何で決まる?

家の擬人化イラスト

木造住宅の耐震性の計算は、階数によって異なります。

2階建てまでは壁量計算で決まり、3階建てからは鉄骨造や鉄筋コンクリート構造と同じく、構造計算で決まります。

耐震性は、計算結果(評点)によって示されますが、評点を決める際に重要になるのが、次の7つです。

  1. 基礎
  2. 重量
  3. 直下率
  4. 金物
  5. 設計と施工管理
  6. 地盤

耐震性を決める要素1.基礎

基礎とは、建物を一番下で支える構造体で、柱や壁の下に沿うように鉄筋コンクリート構造で配置されます。

現代の木造住宅では、『布基礎(ぬのきそ)』と『べた基礎』と呼ばれる工法が普及しています。

布基礎とべた基礎の特徴を、次の表にまとめました。

基礎の名称 特徴
布基礎
  • 1階の「壁の下だけ」に基礎を形成する方法
  • 基礎工事が「壁の下だけ」なので、べた基礎よりもコストや工期が軽減できる
べた基礎
  • 1階の「底板全面」に基礎を形成する方法
  • 面で建物を支えるので、布基礎よりも耐震性に優れる
  • 害虫(シロアリ)や地面からの湿気を防止できるので、建物の寿命が長くなりやすい

耐震性を決める要素2.建物の重量

地震の際、建物の重量に比例して地震エネルギーは作用するので、建物は重いほど影響を受け、軽い方が被害を抑えられます。

木造住宅の重量は、外壁仕上げ材と屋根材に左右されます。

外壁仕上げ材を軽くしたい場合は、サイディングの採用がおすすめです。

サイディングとは、サイディングボードとも呼ばれる、外壁に張る仕上げ用の板材を指します。

1980年代までは、砂とセメントと水を練って作られるモルタル仕上げが主流でしたが、1990年代以降はサイディングが主流になっています。

サイディングの材質は、主に4種類あり、それぞれ特徴があります。

 

サイディングの材質 特徴
窯業系
  • セメント質と繊維質を主な原料として、板状に形成したもの
  • モルタルに比べ、重さは2分の1以下
金属系
  • ガルバリウム鋼鈑など、金属を成型したもの
  • モルタルに比べ、重さは約10分の1
木質系
  • 「天然木」を材料にしたもの
  • 水に弱く、こまめなメンテナンスが必要
  • 木目模様の窯業系サイディングが代用されるケースが多い
樹脂系
  • プラスチックを板状に加工したもの
  • 日本では馴染みが薄い

また、屋根材の軽量化を検討される方は、重量がかさみやすい日本瓦よりも、耐震性に優れた軽量瓦やスレート(粘板岩を薄い板状に加工した建築材)を採用されるといいでしょう。

耐震性を決める要素3.壁

現代の木造住宅は、「耐震壁」という地震エネルギーに有効に働く壁を採用しており、これをバランスよく適量を配置することで強度を保ちます。

耐震壁のバランスのよい配置で、建物の重心と剛心の関係が決まり、地震への強さが決まります。

もし、耐震壁のバランスに偏りがあると、耐震壁の少ない箇所に地震の力が集中してしまい、そこから倒壊してしまう恐れがあります。

耐震性を決める要素4.直下率

直下率とは、2階の壁の真下に、1階の壁がある割合を意味します。

直下率が高いほど、「2階の重さを、1階がちゃんと支えている」と言えます。

耐震性においては、地震のときに「2階にかかる地震の力が、1階に上手く伝わって逃がす効果」が期待できます。

注意点としては、現在「直下率は、建築基準法などで明確な数値が決められていない」ということです。

直下率が低くても、耐震基準法の範囲内ならば、建築に問題がないとされます。

直下率は専門家の領域ですが、耐震性を意識するなら施工会社に相談するといいでしょう。

耐震性を決める要素5.金物

金物とは、木造住宅内に使用される金属部分で、木材の継手部分の補強や、基礎部分と骨組み(木造軸組み)をつなぐ役割を持つものです。

特に、耐震壁が配置されている箇所の基礎には、地震エネルギーの負荷がかかりますので、基礎からはがされないためにも金物は重要なパーツです。

耐震性を決める要素6.設計と施工管理

設計では、紹介しました『基礎』『重量』『壁』『直下率』『金物』の耐震要素を、適切に具体化します。

適切に設計されれば「計算どおりの耐震性」が期待できます。

しかし、設計は問題無くても、施工会社の管理や職人の技術力によっては、品質に差が生じやすいのが現実です。

信頼できる施工会社選びが重要になるわけで、そのためには宣伝文句や価格ばかりに注目せず、知識を持って疑問点を訊ねていくのがいいでしょう。

耐震性を決める要素7.地盤

現代では、住宅を建築する前に、予定地の地盤が地震に強いか調査することが一般常識となっています。

さまざまな耐震要素をクリアして、信頼できる施工会社を見つけて設計を依頼しても、そもそも地盤が弱ければ、地震での家屋倒壊を恐れ続けることになります。

調査によって地盤が弱いとわかれば、地盤補強をする必要があります。

土地の性質や広さによって、数万円から数百万円というふうに幅のあるコストがかかるため、土地の購入前にできるだけ地盤の強さを知っておくことがおすすめです。

各自治体サイトや地域の古地図などから、地盤の強さを調べることができるので、確認しておくといいでしょう。

木造住宅を検討する際の確認ポイント

一本指を立てた作業着の女性

木造住宅の購入を検討しているなら、確認しておきたい3つのポイントをおさえておきましょう。

  • 地盤の強さはどうか?
  • 耐震等級3を標準としているか?
  • 信頼できる施工会社を選んだか?

地盤の強さについては、前述の「耐震性を決める7つの要素」で紹介したとおり、事前の知識や確認が求められます。

耐震等級とは、倒壊防止・損傷防止・免震建築物であるかなどの「地震に対する建物の強さ」を等級で表すものです。

  • 耐震等級1:「建築基準法」で決められた、地震に耐えられる建物
  • 耐震等級2:耐震等級1の、1.25倍の耐震性(学校の校舎や避難所と同水準)
  • 耐震等級3:耐震等級1の、1.5倍の耐震性(警察署や病院と同水準)

耐震等級3を標準としているかどうかは、施工会社に確認してください。

信頼できる施工会社の選び方は、前述の「耐震性を決める7つの要素」でも紹介しましたが、宣伝文句や価格などのわかりやすい情報だけに目を奪われないことです。

施工会社に疑問点を質問したり、そのときの対応を見たりするなど、コミュニケーションや実績からわかることも多々あります。

今お住まいの木造住宅の耐震性に不安があるならチェックしてみよう

木造住宅の縁側

木造住宅を新築する場合や、中古物件を購入する場合は、事前の調査や対処で耐震性を確保できます。

「すでに木造住宅に住んでいるが、耐震性が気になる」という場合では、次の2つをおこなってみましょう。

  • 自身での耐震チェック
  • 専門家による耐震診断

自分で、いま住んでいる木造住宅の耐震性をチェックするなら、国土交通省住宅局の監修による「誰でもできるわが家の耐震診断」を利用するといいでしょう。

「誰でもできるわが家の耐震診断」サンプルページ

<参考画像:「誰でもできるわが家の耐震診断」

「誰でもできるわが家の耐震診断」は、6ページの簡潔なチェック表で、図も描かれてわかりやすく作られています。

もちろん、自身での耐震性チェックだけでは不十分ですので、専門家による耐震診断を依頼しましょう。

市区町村や都道府県の、建築行政担当部門に問い合わせますと、耐震診断士の有資格者を派遣してもらい、耐震診断を受けられます。

自治体によりますが、耐震診断や耐震工事の費用を補助してくれる制度や、無料で実施してくれる制度がありますので、まずは窓口で相談してみてください。

木造住宅の耐震性を意識したら、ポイントを知って専門家に相談を!

木造住宅の新築や中古物件の購入を検討している方は、記事内の紹介ポイントを押さえて、事前の調査や対策をすることで耐震性を確保できます。

すでにお住まいの木造住宅の耐震性が気になる方は、「誰でもできるわが家の耐震診断」による自身でのチェックと、専門家による耐震診断を受けて、安心の住まいづくりを進めましょう。