リノベーションの事例を見る前のポイントを解説

マイホームを購入する前の選択肢の中に中古賃貸を購入し、全てリノベーションする人が急激に増加しています。

リノベーションには、どのようなメリットがあり、事例を見る前に押さえておきたいポイントを解説していきます。

リノベーションとは?

リノベーションとは?

リノベーションとは人の手を加えて、より良くすることを指しています。
間取りや内装を作り替え、家の機能を新しくすることを言います。

そのため、まったく新しい楽しみ方を見つけられる場合が多いようです。

リフォームとの違い

リフォームとの違いは、古くなった家を改修するかしないのかがポイントです。
古くなった家を新しい用途で使用するために改修するのがリノベーションに対し、リフォームは、そのままの使用用途で新築の状態に戻します。

新しいマイホームではなく、リノベーションが選ばれる理由

新しいマイホームではなく、リノベーションが選ばれる理由

新築やリフォームなど、いくつかの選択肢がある中で「リノベーション」を選択する理由とは、なんでしょうか。
選択が正しいのかを確認する意味でも、まずはリノベーションのメリットを解説していきます。

新築よりも費用面が安価

最大のメリットと言えばコスト面です。

新築を購入し、リフォームするよりもすでにある住宅をベースとしてリノベーションする方が当たり前ですが、費用を安価に抑えられます。
ただ、劣化具合によっても変化しますが、リノベーションは基礎的な構造はすでにあるベースを活かすのが基本です。
また、劣化が激しい場合は劣化している箇所を重点的に補い、利用できる部分は利用するという方法も合理的なやり方です。

デザインなどの自由度が高い

自由に選択できる注文住宅を除き、分譲住宅やマンションは「完成された建物を購入する」が基本です。

近年では施行の前段階で、間取り・デザインを選択できる住宅もいくつかありますが、キッチンやリビング等の細かな部分や決めていた部分を変更する場合は、オプション料金が発生する場合がほとんどです。

また、いくつかのパターンから選択となるため、完全自由とは言えません。

反対に全てをリノベーションする場合は、建物の構造部だけを残して、間取り・デザインを再度構築するため、依頼者の意見や意向を多く盛り込んだ空間を作ることもできます。

構造などにより制限を受けることもあるため、全て意向通りにできるというわけではないです。

ただ、建売住宅に比べ自由度は高く、オーダーメイドに近い形で完成できる場合もあり、リノベーションの大きなメリットです。

中古住宅は立地の自由度も高い

価格的な余裕があり、新しい住宅を購入できる場合でも、「理想の家」が完成するとは限りません。

仮に土地があったとしても人気エリアともなれば抽選になることも多く、確実に購入できる保証は無いです。

その点、中古物件の販売数は圧倒的に多く、ある一定の立地重視で選択しても、理想に近しい物件が見つかりやすいです。

資産価値としての目減りが少ない

一般的には、新築マンションの資産としての価値は購入した瞬間から減少傾向です。

新築は販売のためのプロモーション費用などが上乗せされているため、新築に近くても購入した時と同じ価格で売ることは難しくなります。

しかし、中古住宅はプロモーション費用が上乗せされていなく、その時の純粋な物件の評価により価格が設定されているため、購入してから急激に物件の価値が低下する可能性は低い傾向です。

リノベーション費用の相場

リノベーション費用の相場
リノベーション費用とはいえ、工事の規模感により異なりますが、最もコストがかかる一戸建てをスケルトンから全てを作りこむケースで約600万円~900万円程度が目安です。

デザインにこだわった場合ですと、1,000万円~1,200万円です。

リノベーション費用に加え、工事費の10%程度のデザイン設計料や諸費用が発生します。

例として、工事費500万円のリノベーションですと、デザイン設計料は50万円~100万円、諸費用の約50万円~100万円程度かかるため、合計すると600万円~700万円程度です。

新築住宅・分譲住宅・中古住宅の違いとは

注文住宅や分譲住宅の場合、物件費として「4,000万円~5,000万円」程度必要です。

しかし、中古住宅の場合、物件費として「2,000万円」程度で費用を抑えやすい場合が多いです。

リノベーションの注意点とは

リノベーションの注意点とは

リノベーションをするうえでの注意点やトラブルに発展するケースもありますが、依頼主と施工会社同士の「認識の相違」によるものが多いです。

そのため、業者に全てを任せるのではなく、積極的なコミュニケーションが重要です。

リフォームの安全性

リノベ―ションをする上で不安要素として大きいのが安全面です。

特に築年数が経過している物件ですと、耐震性は問題ないのかと不安がつきものです。

物件の状態や劣化状態は一概に大丈夫とは言い切れない部分が多いことがあります。

しかし、事前に10万円程度の診断料を払えば補強が必要な箇所がわかり不安も解消できます。

住み込みまでの期間

規模感により異なりますが、全てをリノベーションするともなれば工事だけで2~4ヶ月もの期間を要する場合もあります。

通常のマイホーム探しの倍以上のスケジュールを見越しておくのがオススメです。

リノベーションを成功させるために

リノベーションの特徴や費用感を考慮したうえで、実際に事例をみて判断するのが一番良いのではないでしょうか。

また、住みたい地域によっても費用が変わるため、あらかじめ住みたいエリアと費用感をリノベーション会社に問い合わせてみましょう。