木造住宅を建てる際のメリットとデメリットを解説!

木造住宅は柔らかい雰囲気や通気性などから根強い人気のある建材です。

しかし、「なんとなくのイメージで木造住宅がいいと決めている。」といった方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな木造住宅のメリットとデメリットについて紹介していこうと思います。

木造住宅の特徴

木造住宅の特徴

まずは木造住宅の特徴について軽くお話ししたいと思います。

木造住宅は吸湿性や断熱性に優れており、家の外と中の温度差を和らげてくれる日本の風土などに適した素材として好まれています。

「木造住宅の寿命は30年」とよく言われているため、「家が脆いのでは…?」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで30年は目安のため長い家だと80年持つものなどもあります。

また、素材の加工のしやすさや施工事例の多さ、安さから、ずっと建てたままの家で過ごすわけではなく、家族やライフスタイルに合わせてリフォームができやすい家や、建て替えを前提として購入をする方も多くいらっしゃいます。

そもそも木造住宅とは?

そもそも木造住宅とは?

「詳しくは知らないけど、木でできているから木造住宅なんじゃないの?」と思っていらっしゃる方もいるかと思いますので、木造住宅の定義についてお話しします。

木造住宅はその名の通り、家の構造体(土台、柱、壁)に木材が使われている住宅のことです。

木材には主にヒノキや杉が使用され、国内のほとんどの家はこの木造住宅でできています。

構造体には木造の他に、鉄骨造や鉄筋コンクリート造があり、家を建てるにあたって、まずは家の構造には木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の3つには大きな違いがあることを理解しておきましょう。

鉄骨造、鉄筋コンクリート造住宅の特徴

鉄骨造、鉄筋コンクリート造住宅の特徴

木造住宅メリット、デメリットを詳しくする前に、鉄骨造、鉄筋コンクリート造住宅の特徴や向いてる建物について説明したと思います。

鉄骨造、鉄筋コンクリート造は地震や火災に強いのが特徴です。

また、ビルや大きな建築物を建てる際によく選ばれており、大きな家やデザイン性に優れた住宅を作りたい方に向いています。

木造住宅のメリット

木造住宅のメリット

それでは木造住宅のメリットについてそれぞれの項目に沿って解説していこうと思います。

  • コストが安い

家を建てる上では、やはり一番気になる問題はお金かと思います。

木造住宅の場合は基礎工事にあまりお金がかかりません。

鉄骨やコンクリート造の場合は防錆や耐火処理等が必要になる上に素材がとても重いため、比較的に軽く、素材の特性上簡単に下処理の済む木材の方がコストがかかりません。

  • 建築時やリフォーム時に自由度が高い

木造住宅は土台や梁、柱などが法律の基準さえ満たしていれば、間取り等は自分たちが住みやすいようにデザインを自由に設計できます。

特に注文住宅の場合は、他構造に比べてカスタマイズがしやすい木造住宅がオススメと言えます。

  • 木のぬくもりを感じる家になる

最初に言ったように木造住宅には主にヒノキや杉が使われており、家を購入した後も木々のほのかな香りを楽しむことができます。

木目などの優しい風合いが見られ、視覚や精神的に安らぐ空間を家に求める方からも多く愛されています。

また、精神的な安心感以外でも素材の特性上カーペットや壁紙を必ず置く必要はなく、お子様や化学物質に弱い方に選ばれています。

  • 建築期間が鉄筋コンクリート造よりも短い

鉄筋コンクリート造の場合、頑丈ですがその分素材が重く、家を建てる際まずは強固な地盤を作る必要があります。

木造、鉄骨造、素材が軽い分建築期間が短く、家を建てるまでに鉄筋コンクリート造ほどの時間がかからないため、その分建築現場で働く職人さんへのコストをカットすることもできます。

木造住宅のデメリット

木造住宅のデメリット

木造住宅のメリットもたくさんあるものの、やはりデメリットもつきものです。

家を決めた後のトラブルにならないように、先にデメリットについても把握しておきましょう。

  • 耐久性が低い

地震の多い日本ではやはり気になる問題の1つかと思われます。

鉄骨造、鉄筋コンクリート造の耐久性に比べるとやはり木造住宅は劣化や火に弱い等の耐久性が低くなる要因が多くあります。

また天然素材のため、鉄骨造、鉄筋コンクリート造に比べて素材の耐震性や性能に多少のムラが出やすく、脆い部分に負荷がかかってしまい耐久性が低くなるのも、耐久性が低い原因の1つです。

  • ハウスメーカーや職人によって仕上がりに差が出やすい

木材は基本的に工場だけではなく現場で加工される場合もあります。

その際に職人の加工方法や施工会社の工法や方針によって、どうしても最終的に建物の仕上がりに多少のばらつきが出てしまいます。

  • シロアリなどの害虫に弱い

天然木材を使用するため、シロアリが木材の中を食べてしまうケースがあります。

シロアリ防止のための対策やメンテナンスを定期的に行う必要があるため、少し家に関して無関心な方にとってはめんどうくさく感じるといった問題点があります。

木造住宅のメリット・デメリットを理解して家を建てよう

木造住宅のメリット・デメリットを理解して家を建てよう

木造住宅は鉄骨造、鉄筋コンクリート造と比べて色々な面でメリット、デメリットがあります。

しかし、どんな家でも同じようにメリット、デメリットがあるため、まずは家を建てる前に自分の生活や理想をきちんと考えて最適な家を選ぶように心がけましょう。