木造住宅の寿命は30年って本当?長く住むための秘訣とは

住宅を購入する際、費用だけではなく「その家に何年住めるのか」寿命が気になりますよね。

日本の住宅寿命は短く「木造住宅の寿命は30年」と言われています。

記事で寿命は本当なのか、寿命を延ばす方法はあるのか解説します。

木造住宅の寿命は30年?

木造住宅の寿命は30年?

日本の木造住宅の寿命は、30年と言われることが多いです。

平均30年で木造住宅が取り壊されていることは間違いありませんが、木造住宅に30年しか住めないという訳ではありません。

日本の住宅平均寿命が他国と比べて短い理由

日本の住宅平均寿命30年に対し、アメリカは約100年、フランスは約90年となぜここまで差が出てしまうのでしょうか?

上記にも記載しましたが「寿命がきたという理由以外でリフォームや建て替えなどで取り壊された木造住宅の築年数から算出された数字」であり、リフォームや建て替えを行うため、平均寿命に差が出ています。

日本人は「家を長持ちさせよう」「同じ家に長く住もう」ということを重要視しておらず、家族構成に適応させるために、まだ住める場合でもリフォームや建て替えを行います。

また、リフォームだと外観はほとんど変わらないのに対して高額な費用がかかりますが、建て替えであれば、外観だけではなく構造も好みにできるため、建て替えの方が好まれています。

リフォームの件数よりも建て替え件数が増えてきた結果、住宅の平均寿命が縮んでしまったのです。

長く住めば住むほど、不動産価値も年々下がります。

他国との寿命の差は「文化の違い」によって生まれています。

本当の木造住宅の寿命は?

本当の木造住宅の寿命は?

建築費用や湿気の多い日本だからこそ、木造住宅が日本では一番多い戸建てです。

木造住宅以外にも鉄骨造・鉄筋コンクリートがあります。

木造住宅だけではなく、鉄骨造・鉄筋コンクリートともに、寿命には差があります。

税法上で定められた耐久年数は、木造住宅22年、鉄骨造34年、鉄筋コンクリート47年です。

しかし、実際には木造住宅30~80年、鉄骨造30~60年、鉄筋コンクリート50~90年程持ちます。

建売住宅の寿命

建売住宅の寿命は20~30年と言われていますが、今の寿命はもっと伸びています。

実際に中古の建売住宅で築30~40年を超える家も数多くあります。

リフォーム・メンテナンスが必要になる可能性もありますが、建売住宅の寿命を20~30年に決めつける必要はありません。

特に注文住宅と建売住宅の寿命に大きな差はありません。

中古住宅の寿命

中古住宅の寿命

新築だけではなく、中古住宅の購入を考えている人もいると思います。

中古住宅は価格が低下するメリットがありますが、下記デメリットもあります。

  • 見た目では分からないダメージができている可能性がある。
  • 構造が気に入らない箇所がある。
  • リフォームが必要になる場合がある。

寿命は住宅の状況・使われ方によるので、全て寿命が◯年とは言えません。

中古住宅を購入する場合は、メンテナンス・点検の状況・どのように使われたのか、築年数を確認しましょう。

日々のメンテナンスが重要

日々のメンテナンスが重要

家は木造住宅だけに限らず、日光や雨水にさらされると、傷みやすい環境です。

日光や雨水の対策処理として加工処理はしていますが、どうしても少しずつ傷んでしまいます。

毎日少しずつ積もっていく汚れや傷・湿気が元に、家が劣化してしまい、大規模なリフォームが必要になってしまいます。

下記内容を日々意識していれば、劣化の進行を遅らせることができます。

家の寿命を少しでも延ばすためには、日々のメンテナンスが重要です。

水回りのメンテナンス

木材が腐敗する原因となる水回りのトラブルには要注意です。

給水機・洗面台・流し台などで、水漏れ・浸水がしていないか、もし発見した場合はすぐに対応しましょう。

可能な限り日光を当てるようにし、ジメジメしないようにしましょう。

湿気に関するメンテナンス

水だけでなく、湿気も木材の大敵です。

特に日本は高温多湿の国であることから、他国と比べると木材が傷みやすい国です。

そのため、通気性を良くするために風向きを考えた構造にし、湿気を防ぎましょう。

風向きのことだけを重要視すると、夏は快適に過ごせても冬は寒くなってしまう問題が発生します。

しかし、断熱のことを考えると、湿気がこもる設計になってしまいます。

完全に湿気を防ぐことは難しいので、湿気により傷みが進んできた場合は、小規模な補修をすることをオススメします。

通気性を良くし、湿気を防ぐこと、水回りをメンテナンスすることで、寿命は格段に上がります。

湿気に関するメンテナンス

シロアリ対策

木造住宅の場合、一番被害を与えるのはシロアリです。

シロアリは水分が多いと発生します。

シロアリは繁殖が早く、気が付かないうちに家の傷みが進んでしまいます。

早期発見ができず駆除だけで済まない場合、大規模なリフォーム・工事が必要になってしまいます。

乾燥を保ち防蟻処理をし、シロアリの発生を予防しておくことで、家の寿命を延ばすことに繋がります。

寿命を延ばすハウスメーカーのサポート

寿命を延ばすハウスメーカーのサポート

定期的な点検・24時間265日サポート対応をするアフターサービスがついているハウスメーカーが殆どです。

点検時やお手入れ方法など気になることがあれば、すぐに質問をしてみましょう。

プロに聞くことで、寿命を延ばすことができ、快適に暮らすことができます。

リフォームや建て替えを検討している場合は、その際に相談してみるのも良いと思います。

お手入れとメンテナンスで寿命は延びる

木造住宅の寿命は、日々のお手入れ・定期的なメンテナンスやリフォーム次第で、大きく代わります。

お気に入りの家で長く住み続けられるよう、しっかりお手入れ・メンテナンスを行いましょう。