リノベーションにかかる費用の相場とは?希望を叶える秘訣を紹介

「今の家に長く住んでいるからリノベーションをしたい」と思っていても、費用はいくらかかるのか?自分が希望している通りになるのか?心配ですよね。

お悩みを抱えている方に、リノベーションにかかる費用と希望通りに叶える秘訣を紹介します。

リノベーション費用の相場

リノベーション費用の相場

リノベーションは、家に手を加えてよくする改修工事であるため、リフォームに比べると大掛かりな工事になるケースもあります。

家の構造体だけ残して、解体・内装や設備を一新するフルリノベーションは、特に大掛かりな工事になります。

フルリノベーションの目安費用は、1㎡あたり10~15万円が平均です。

50㎡の住居は500~550万円になりますね。

あくまで目安であり、設備のグレードによって価格も変動します。

物件の築年数、増築・減築をする場合や、外壁・外観に手を加えるかどうかによって変動するため、具体的な平均費用をお伝えするのは難しいです。

リノベーション内容を決めた上で、業者に見積もりを依頼するのが確実です。

団地リノベーションの費用

団地をリノベーションする場合は「物件の広さ」「建材のグレード」によって変動します。

50㎡程の住戸なら500万円前後でリノベーションが可能ですが、広さがありハイグレードの建材を使用する場合は、費用が1,000万円を超える場合があります。

リノベーション費用の内訳

リノベーション工事には工程が様々があり、「解体工事」「木工事」「電気設備工事」「排水管工事」等があります。

それぞれ固有の技術が必要なため、専門の工務店・職員に依頼することが一般的です。

リノベーション費用を抑えるポイント

リノベーション費用を抑えるポイント

リノベーションは「物件の広さ」「間取りや内装デザイン」「地域」「資材・設備費」よって、費用が上下します。

費用に影響するポイントや、費用を抑えるポイントをご紹介します。

物件の広さ

施工の面積が広ければ広いほど、資材、設備費、職員の作業量がかかるため、費用に大きく影響します。

物件の広さを変えることは難しいため、資材のグレードを下げると、費用を抑えることができます。

間取り・内容デザイン

水回りを「ここに移動したい!」という希望や、床・壁・キッチンのグレードによって、費用は大きく変わります。

どこなら妥協ができるのか、がポイントです。

妥協できる部分があるならば、グレードを下げると、費用を抑えられます。

間取りを細かく分けると、更に費用へ影響します。

こだわればこだわるほど費用はかさむ

オーダーキッチンやグレードの高い資材・設備など、こだわればその分費用はかさみます。

現状の設備でも活用できる箇所を見つけたり、グレードを下げれば、費用を抑えることができます。

新築ではなくリノベーションにする理由

新築ではなくリノベーションにする理由

新築、リノベーション、リフォーム、それぞれにメリットはあります。

なぜ、新築ではなくリノベーションが選ばれるのか、リノベーションのメリットと合わせて解説していきます。

費用が新築に比べて安い

一番のメリットは「コスト面」です。

新築を購入、住宅を建て替えるよりも、今ある住宅に「手を加えてよくする」方が、費用を抑えることができます。

何年住んでいたかにもよりますが、現在の家を元に手を加えていくのが基本です。

もし長期間住んでいて劣化が激しい場合でも、一部分を重点的に改修して、改修が必要ない部分はそのまま利用するのが、合理的な方法です。

分譲住宅や建売住宅に比べて自由度が高い

注文住宅・建て替えは除きますが、中古住宅・分譲戸建て・マンションや建売住宅の場合は、すでにできあがっている家を買います。

間取りやデザインを選べる場合もありますが、選ぶとオプション料金で別途費用がかかるケースがあります。

しかし、リノベーションは構造部を残して間取りやデザインを再度構成するため、自分の意向を取り入れて自由にできます。

構造によって全て希望通りにはならないですが、分譲住宅や建売住宅に比べて自由度が高いです。

間取りやデザインだけではなく、設備も欲しいものを追加できるのがメリットです。

長年住んでいた場所に住み続けることができる

今住んでいる場所から離れたい場合は除きますが、リノベーションをすれば愛着のある家・場所に住み続けることができます。

建売や分譲マンションはすでに場所が決まっており、希望通りの場所に住めない可能性があります。

また、人気のある場所は価格も上がるので、違う場所に住みたいと思っていない人はリフォームの方がコストも抑えられます。

リノベーションをする上での注意点

リノベーションをする上での注意点

お金を払ってリノベーションをする以上、失敗したくないですよね。

意外と見落としてしまう注意点3つを説明します。

注意点はリノベーションをする前に把握しておきましょう。

リフォームローンには、住宅ローンと違い2タイプのローンがあります。

住宅ローンに比べて金利が高くなるので、リフォームローンについても把握しておきましょう。

リフォームローンの金利について

住宅ローンと比較すると、リフォームローンは金利が1~2.5%程度高く設定されています。

リフォームローンは借入期間が最大10年程で短く、審査に時間がかからず利用しやすいです。

リフォームローンには「有担保型」と「無担保型」の2タイプがあります。

リノベーションの規模・借入希望額に応じて検討しましょう。

有担保型リフォームローン

リフォームやリノベーションをする物件を担保として借入をするものです。

最大35年間かけ返済を想定したローンです。

有担保型リフォームローンは、審査が厳しいです。

金利の相場は、1.5~2.0%です。

無担保型リフォームローン

無担保型リフォームローンは、担保をつけることなく借入をするものです。

30万円~500万円の低額借入や1~15年間の短期間で返済する場合を想定したローンです。

金利は有担保に比べて、3.0~5.0%と高いです。

住むまでにかかる時間を配慮する

規模にもよりますが、フルリノベーションはリフォームに比べると、工事期間は長いです。

打ち合わせを含めても5~6か月はかかってしまいます。

通常の家探しよりも時間がかかるので、予定はしっかり決めた上で行いましょう。

リノベーショントラブルの事例

悪質業者に捕まらないようにするのはもちろんですが、お客さんと業者の中での認識の違いや、確認不足によってトラブルが起きるケースがあります。

業者まかせにせず、積極的に連絡を取ることが重要です。

希望を叶える秘訣とは

希望を叶える秘訣とは

リノベーションの費用を抑えることができても、自分の理想・希望通りの家にならないと嫌ですよね。

どうすれば希望通りの家を作ることができるのか3つのポイントを紹介します。

自分の理想・希望を明確にする

リノベーションはこだわればこだわる程、金額がかかります。

床はグレードが高いものが良いのか、流行りのものを取り入れたいのか、「どこをどんな風にしたいのか」を明確にしましょう。

まずは取り入れたい設備や希望の間取りなど、したいことや希望を書き出してみましょう。

明確にすれば、業者に「伝えるの忘れていた…」ということを防ぐことができます。

優先順位を決める

予定していた希望やプランなど優先順位を決めます。

「ここだけは絶対に譲れない」「あったら良いと思うけど別になくても良い」ところを明確にします。

明確にしないまま、費用だけで決めてしまうと「あの時こうすれば良かった」と後悔することになってしまいます。

優先順位をリストにまとめておくと、分かりやすいです。

デザイナーに予算を伝える

設計の担当者であるデザイナーに「予算は○○円以内で考えている」と伝えてください。

プロなので、「○○なようにしたいなら安くて良いメーカーがある」など教えてくれる場合もあります。

予算内で希望を叶えるプランはあるため、初めに希望と予算を伝えると、打ち合わせがスムーズです。

予算内の費用でリノベーションをしよう

自分はリノベーション・リフォームをしたいのか、費用は予算内なのか、をまず考えましょう。

決まった上で、どこの会社に依頼するのかを資料やお見積もりを見て、判断しましょう。

リノベーションは物件を購入する時と同じで、多額の費用が発生します。

情報をしっかり集めて後悔しない家づくりをしていきましょう。