新築一戸建てにかかる諸費用とは?建物と土地以外に支払うものはどんなものがある?

「憧れのマイホーム」「夢のマイホーム」という言葉があるように、一度はマイホームを購入したい願望は誰しもが一度は持つのではないでしょうか?

しかし、土地代に建設の費用が必要なのはわかるけれど新築一戸建ての他の諸費用について正しく知っている人は多くはないでしょうか?

新築一戸建てにかかる費用の分類

新築一戸建てにかかる費用の分類

Young beautiful businesswoman holding money, sitting on table at workplace in office. Close up.

新築一戸建てを建てる際、相場の建築費ですが、大きく3つに分けて「本体工事費」「付帯工事費」「その他にかかる費用(諸費用)」になります。

本体工事費

本体工事費

本体工事費とは、家を建てるための工事費です。

費用の70~80%が本体工事費になります。本体工事費は基礎工事や土木工事、外装工事、左官工事などが含まれ工事にあたる人件費や材料費も本体工事費内に含みます。

工事陽は工法や内容に金額が左右されるのとハウスメーカーや工務店によって金額が変動するので複数から見積をとることも大切です。

本体工事費を延べ床面積の坪数で割った金額が「建築坪単価」になります。

建築坪単価はパンフレットの価格表示や打ち合わせでの基準になることが多いので頭にとどめておきましょう。

付帯工事費・経費

付帯工事費・経費

本体工事費に含まれない部分の工事費や必要経費です。建物本体以外の部分でかかる費用で費用のおよっそ20%~30%がかかります。

現在住んでいる建物を取り壊して新築を建てる時に解体工事費用やガスや水道などのインフラの整備やフェンスや門扉、庭などが付帯工事費に入ります。

車庫やカーポートなどは付帯工事費内に含まれ、家の本体工事費に含まれていないので忘れないように注意しましょう。

諸費用

本体工事費や付帯工事費に含まれない費用です。

住宅ローンを借りる際に銀行などの金融機関へ支払う手数料です。定額型と定率型があります。

融資事務手数料・保証料

決められた金額を支払う「定額型」

定額型の手数料は借入金額に関係なく、毎月○万円と決められた手数料を支払うことになります。

 

借入金額に対して割合で支払う「定率型」

定立型は手数料は借入金額に対して、○%と定めるため借りた金額が大きいと手数料も高額になります。

 

支払いは最後まで責任をもって支払いましょう。

保証料は保証会社に保証人の代わりとしてローンの支払いが滞った時に肩代わりしてもらうための手数料になります。

相場は借入額の2~3%になります。

肩代わりをしてもらうだけで、返済はきちんとしましょう。

 

印紙税

不動産の契約書を作成時に印紙を貼って税金を納めます。

 

火災保険料・地震保険料

火災保険は住宅ローンを組む際に加入が義務付けられています。

地震保険は義務付けられていませんが地震が原因での火事の場合は保証されません。

せっかく新築を建てるなら加入しましょう。備えあれば憂いなしです。

 

登録免許税

土地や建物など不動産が自分の所有である証明するために「所有権移転登記」を行います。

その時に「登録免許税」の税金を納める必要があります。

また、所有権移転登記の手続きが難しいため、司法書士に依頼する場合は別途費用がかかります。

 

仲介手数料

新築一戸建を購入する方法は売主と直接購入する方法と、建売住宅を仲介会社から購入する方法があります。

仲介会社とはハウスメーカーではなく、ハウスメーカーから依頼があって仲介する不動産会社になります。

仲介会社を介して新築戸建の売買契約時に「仲介手数料」が発生します。

これは一戸建てに限らず、新築・中古にかかわらずマンションを購入する場合も発生します。

ハウスメーカーから直接交渉する場合は手数料は発生しません。

仲介手数料

支払う手数料の上限は価格が400万円を超える物件は物件価格×3%+6万円+消費税(400万円を超える場合)決まっています。

上限は決まっていますが、下限は決まっていないので不動産会社が値下げ交渉に応じてくれる場合や期間の間、仲介手数料を無料としている不動産会社もあります。

 

 固定資産税・都市計画税

都市計画税は、都市計画事業又は土地区画整理事業の費用にあてるために課税される税金です。

都市計画税は道路を作ったり、上下水道を引いたりするときに使用されます。

これは新築を建てた人全員に課税されるものではなく、都市計画地域内に建てた場合になります。

都市計画税の税率は固定資産評価額を元に算出されます。

 

固定資産税は、建物や土地を所有していると発生する税金です。

建物の固定資産税の額面は「固定資産評価額」で計算されます。

固定資産税額=固定資産評価額(課税標準額)×税率(標準税率:1.4%)となります。

 

引越費用

新築へ引越すための費用になります。

引越業者に依頼するなり、レンタカーを借りるなり費用は様々ですが大物の家具を運ぶには費用がかかります。

 

家具・家電代

新築に引越した場合、今まで使用していた家具や家電をそのまま使用すればいいのですが、どうせなら新調したくなります。

置き場所が大きくなったので洗濯機も合わせて大きくしたいなども出てきます。

 

諸費用は結局いくらかかるのか?

諸費用の相場は建物の価格に対して6%~12%と言われています。

これは仲介手数料の有無や登記費用など条件によって変動するためです。

一生に一度の買い物ですのでなるべく安くしたいですが、一生住み続ける家なのである程度は覚悟した方がいいですね。