外構工事にかかる期間はどれくらい?後悔のない家づくりにするために知っておこう!

新築住宅を建てる時、つい後回しにされがちな「外構工事」。

工事が完了するまで、どのくらいの期間が必要なのでしょうか。

工事の種類とともに徹底解説します。

外構工事の種類について

外構は、「クローズド外構」「オープン外構」「セミオープン外構」の3種類に分けられています。

どんな外構にするかで、住宅全体の印象や暮らしやすさが大きく変わります。

施工前の外構業者とのやりとりをスムーズに進めるために、「フェンスを取り付けたい」「タイルを敷きたい」など、どんな外構にしたいかイメージしておきましょう。

それぞれの外構の特徴と、メリット・デメリットについてご説明します。

クローズド外構

塀のある住宅

クローズド外構とは、塀やフェンス、生垣などで、住宅を囲うタイプの外構を指します。

住宅を囲うことによって、得られるメリットはたくさんあります。

通行人などに敷地内を覗かれる心配のない、プライバシー性の高い住宅になります。

敷地内に入るには門を通らなければいけないので、訪問者の行動を制限でき、隣接する住宅との境界線がはっきりするので、ペットの侵入などのご近所トラブルをある程度防ぐことができます。

住宅を囲むことによって、防犯性が高まると思われがちですが、空き巣に狙われにくいと一概には言えません。

住宅を囲うことで死角が増えるので、一度侵入を許してしまうと、人目につきにくい環境で犯行に及ぶことが可能になってしまうからです。

対策として以下のものが挙げられます。

  • 庭で番犬を飼う
  • 防犯カメラを設置する
  • 警備会社と契約する
  • 人感式ライトを設置する
  • 窓を強化ガラス製にする

防犯上のデメリットの他に、外構工事費用・将来の解体費用が高くなる、生垣を植えた場合には定期的な伐採の手間や費用が発生したり業者への依頼が必要になる、囲まれている事で圧迫感が生じる、ご近所さんに近寄りがたさを感じさせてしまうかもしれない…などの欠点あります。

オープン外構

塀のない住宅

塀やフェンス、生垣などで、住宅を囲うものをクローズド外構というのに対し、囲わないタイプのものをオープン外構といいます。

開放感のある外構作りが可能で、庭のデザインを大切にしたい人や、ご近所さんとの接点を多く持ちたい人、におすすめです。

エクステリアの敷地があまり大きく取れない場合にクローズド外構にしてしまうと、強い圧迫感のある住宅になってしまいます。

オープン外構にすれば、狭い敷地でも広々とした印象の外構を作ることが可能です。

 

塀などの資材が不要なので、基本的に外構工事費用が安く抑えられ流のもメリットのひとつです。

塀などで囲まないオープン外構は、敷地外との境界線が曖昧になります。

庭で遊んでいた子どもが飛び出して行ってしまった、他の家のペットが入り込んだ、ガーデニングを乱されてしまった、交通のショートカットに侵入される、隣の住宅の落ち葉が入ってくる、など、些細なことがトラブルに発展することも少なくありません。

また、外から見られやすいというデメリットがあります。

植木をしたり、玄関のドアの位置を工夫して、来客時にも住宅内が見えないようにする、窓を高めに設置するなどの対処法があります。

セミオープン外構

一部仕切りがある住宅

セミオープン外構は、セミクローズド外構ともいわれている、クローズド外構とオープン外構の中間に位置する外構です。

囲い切ってはしまわないけど、塀で目隠しをしているなど、ポイントに塀やフェンス、生垣を使用しているものはセミオープン外構(セミクローズド外構)と呼ばれています。

プライバシーは守りつつ、開放感のある、遊びのある外構にすることができます。

開放感は欲しいけどある程度目隠しが欲しい人や、立体感のある外構にこだわりたい人におすすめです。

外構工事の内容と期間

コンクリートをならしている画像

外構工事はおおまかに「土工事」「土間コンクリート」「ブロック塀」「フェンス」「門柱・門扉」「駐車スペース」「植栽」の6種類に分けられます。

トータルで1ヶ月ほどで完了することが多いです。

規模や素材、天候によって作業期間に揺れが生じると相場が決まっているので、計画は余裕を持って立てましょう。

土工事にかかる期間

土工事とは、地面を掘削し、庭土を入れ替えたりして、基礎をつくる作業のことです。外構に全くこだわらない、雑草なんて気にしないという人は不要ですが、綺麗な外構にするためにとても重要な工程です。

工事期間は、半日から1日程度です。

土間コンクリート工事にかかる期間

土工事後、コンクリートで平坦に仕上げる「土間コンクリート工事」、通称「土間コン」。

駐車場スペースや玄関前の一部に使用することが多いです。

工事を含め、乾燥してコンクリートの強度がでるまでに1週間程度必要です。

ブロック塀工事にかかる期間

コンクリートブロックを積み上げて塀を作る作業です。

ブロック塀の高さ・長さによって変わりますが、土間コンと同じように乾燥期間も入れて、5日ほどかかると思っておきましょう。

フェンス工事にかかる期間

よほど特殊出ない限り、1〜3日ほどで完了します。

しかし、フェンスはさまざまな種類があり、構造によって工事期間も変動します。

例えばアルミ系のフェンスにしようとすると、新築でも交換リフォームでも支柱を埋め込む必要があり、1〜2週間程度かかります。

門柱・門扉工事にかかる期間

門まわりの作業も種類によっては1〜2週間ほどかかるものもありますが、既製品を使用すると1日ほどで完了します。

コンクリートブロックを使用する場合は、土間コンやブロック塀同様、乾燥に時間がかかります。

駐車スペースにかかる期間

大切な車を雨風から守るカーポートは、土工事がすでに完了している場合、基本的に1日程度の作業期間で済みます。

複雑なデザインであったり台数が多いと、作業期間は変動します。

植栽にかかる期間

植栽とは、植物を植える作業のことです。

本数によりますが、大抵1日で完了します。

建物に木陰を作ったり、目隠しになってくれたりします。

なによりも、植物は外構を華やかにしてくれます。

外構工事のタイミング

引越しの準備をしている画像

外構工事にとりかかるタイミングは大切です。

新築の場合、建築業者が住宅を完成させた後、外構工事業者が工事に取りかかります。

引っ越しが終わってからでも可能ですが、注意点がいくつかあります。

  • 車を停めるスペースがない
  • 敷地内に人が出入りする
  • 出入りが大変
  • 靴に土がつく
  • 騒音問題
  • インターホンやポストがない

以上が、引っ越し後に外構工事を始めた場合のデメリットです。

引っ越し後に外構工事をするメリットもあります。

徐々に外構が出来上がっていく様子を見ることができ、イメージと違うと感じることがあれば、ストップをかけられます。

そしてなにより、引っ越しの日程調整に焦ることなく、工事の完了を待つことができます。

引っ越し前にする予定だったが、スケジュールが遅れて間に合わない!などということも。

天候の問題もあったりと仕方ない部分もあるので、時間と気持ちの余裕をしっかりと持ちましょう。

外構工事の期間も家づくりを楽しもう!

家のイラスト

外構は「住宅の顔」です。

見栄えが悪いと、住んでいる人の印象にも悪影響を与えかねません。

新築で外構をつくる際もリフォームで新調する際も、イメージをしっかり固めて業者と打ち合わせをし、理想のエクステリアを築きましょう。