注文住宅の坪単価とは?相場はどれくらい?

住まいを建てる上で坪単価は必ず出てくる単語ですよね。

初めて住まいを建てる方には必要な知識かと思います。
今回は地域による単価の違いや、各ハウスメーカーの特徴や平均的な価格などをご紹介したいと思います。

そもそも坪単価とは?

そもそも坪単価とは?

坪単価とは建物の床面積のことです。

1坪(約3.3平方メートル)あたりに建築費ががいくらなのか一般的に参考にされる数値になります。

計算方法は下記になります。

家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)= 坪単価

坪単価を見れば、各ハウスメーカーのグレードを大まかに理解することができるので確認しておきましょう。

住みたいエリアの坪単価の調べ方は?

住みたいエリアの坪単価の調べ方は?

住みたいエリアはあるけど、その土地の相場はどうやって調べるのかわからないという方もいるでしょう。

不動産に行き価格を調べるのも1つの手ですが、自分で調べることもできます。

実勢価格

国土交通省の運営サイト「土地情報総合システム」を利用する。

または、仲介業者サイトを確認する。

もしくは、仲介業者に査定価格を出してもらうこともできます。

相続税評価額(相続税路線価) / 公示地価 /基準地価 / 固定資産税評価額(固定資産税路線価)

資産評価システム研究センターが運営する「全国地価マップ」で確認する

各メーカーによる坪単価の違いはなにか?

各メーカーによる坪単価の違いはなにか?

坪単価が延床面積の数値ということは理解できましたが、同じ床面積でもハウスメーカーによっては坪単価が違うこともあります。それは何故でしょうか?

坪単価の計算方法は、延床面積を使用する場合と「施工面積」で算出する場合があります。

施工面積には、バルコニーや、地下室、玄関ポーチ、ロフトなど建築基準法により床面積に含まれていない面積が含まれており、各階の延床面積が広くなります。

そのため、計算上坪単価が安くなります。

希望のハウスメーカーが「施工面積」と「延床面積」のどちらで計算されているかの確認は必要になります。

ハウスメーカーと工務店の坪単価はどちらが安い?

ハウスメーカーと工務店の坪単価はどちらが安い?

ハウスメーカーより工務店の方が、断然安いと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし大手ハウスメーカーでも、ローコスト住宅専門のメーカーが存在し、コスト削減の方法は様々ですが同一部材や建材を大量仕入れ設計デザインをシンプルにするなどで、坪単価の相場は約20万円~50万円になることもあるようです。

対して、工務店に依頼した場合、坪単価の相場は約50万円~が多く一般的には、大手住宅企業の7割の金額で、同等設備の住宅ができる言われています。

別途工事費や諸経費とは?

別途工事費や諸経費とは?

坪単価は、あくまで本体価格の面積を割って出てきた数字になります。

その土地の地域や敷地によっては、別途工事費や諸経費という坪単価に含まれない異なった費用が発生します。

主な別途工事は下記になります。

  • 水道の引き込みや、合併処理浄化槽の設置などの屋外給水工事
  • エアコンの空調整備費
  • 電気の引き込み工事
  • 庭や車庫、家の周りの塀や植栽などの外構工事
  • 地盤改良や地盤の調査費など

他にもローンの手数料や税金、地鎮祭などの諸経費も本体工事とは別費用でかかってきます。

本体工事費から2~3割増の予算を見積もっておく必要があります。

各地域による注文住宅の相場は?

各地域による注文住宅の相場は?

都心と地域では注文住宅の相場が大幅に変化してきます。

下記表は、「土地+新築一戸建て」を同時購入した世帯の相場になります。

都心と一部地域に限定しています。

 

都道府県名

延床面積

( 坪 )

土地費用込相場

(万円 )

千葉県 34.1 4,222.7
東京都 29.5 5,644.3
愛知県 35.3 4,591.4
富山県 42.3 3,288.1
石川県 39.3 3,021.7
福井県 41.7 3,311.7
愛媛県 34.5 3,734.8
宮崎県 32.5 3,362.0
熊本県 33.3 3,859.0

※「フラット35利用者調査報告(2019年7月12日)」より

 

上記の表のように、土地相場が高い都心と隣県の千葉県などで土地付き新築一戸建ての相場を比較すると、1200万円ほどの差があり都心は延床面積がとても狭いですが、土地込みの建築費用が表の中で群を抜いて高くなっています。

全都道府県の建設費用の相場が確認できます。

坪単価による家のグレードとはどのようなものか?

坪単価による家のグレードとはどのようなものか?

数あるハウスメーカーによって、取り扱う住宅商品に違いがあり、住まいの構造や間取りが違います。

提案するプランや、設備のグレードが違ってくると、自然に坪単価も変動するのです。

坪単価が安い高いの確認も必要ですが、会社が提案するプランの内容もしっかり確認し相談する必要があります。

では、坪単価による家のグレードとはどれくらいをイメージすると良いのでしょうか。

下記に参考イメージを記載していきます。

坪40万円以下

建売住宅の物件と同等レベルの設備。

セミオーダーで間取りを決められたプランの中から選ぶことが多く、オプションが高いというデメリットがある。

坪50万〜60万

ローコスト住宅が売りのハウスメーカーの平均ライン。

坪単価40万以下と比べると、食洗機やオーブン付きのシステムキッチンを設置できたり、自動で便座の蓋を開け閉めできる高価価格のトイレの設置ができたりと設備グレードがアップしてくる。

室内の建具を安価な既製品にしコストを抑えている。

坪70万以上

大手ハウスメーカーが提示する価格。

住まいを建てた後にかかるメンテナンスを考え、高めの外壁だがメンテナンスフリーのオプション付きを選択し、メンテナンスコストを抑えることが可能。

間取りや設備、デザイン性だけでなく家の断熱性や気密性を高め、室内環境に考慮することができる。

各メーカーによる坪単価の相場と評判は?

各メーカーによる坪単価の相場と評判は?

注文住宅を建設するのにどのメーカーや工務店するか迷ってしまうこともあると思います。

住宅展示場や、ネットの評判、おすすめのメーカーなどたくさんありますよね。

そこで、大手ハウスメーカーの口コミ評判や相場などを下記にまとめてみました。

メーカー名 坪単価 特徴
スウェーデンハウス 80~90万 ・プレハブ工法

・北欧風のデザイン

・断熱、気密性がトップクラス

・トリプルガラスの木製サッシ

住友林業 80~90万 ・火災に強い木造住宅

・耐震性と自由度の高い設計

・一級建築士の割合が多い

へーベルハウス 65~90万 ・重量鉄骨造で地震に強い

・外壁材がヘーベル(発砲コンクリート板)

・内部の間仕切り壁などの寸法は自由に調整が可能

セキスイハイム 鉄骨は65万円〜90万円

木造は60万円〜80万円

・筋交いをなくし明るく広々としたプランが可能

・花粉、黄砂、塵、カビ菌などの侵入を防ぐことができる高性能フィルターを搭載可能

・アフターサポートの充実

自分の計画にあったメーカーや土地選びをしましょう!

将来リフォームを考える人、自分の生活にあった環境の土地を探す人など様々な目標や計画があり、その中で住宅メーカーを選ぶことはとても難しいことです。

平成31年3月の国土交通省が出している調査によると、初めて住宅を建てるという世帯が80%を占めていると言われています。

自ら必要な知識や相場などを調べる必要があります。自分の計画にあった土地やメーカーを選べるように準備しましょう。