中古一軒家の魅力とは?詳しく解説します!

不動産やインターネットサイトで、物件情報を検索するとき、一軒家や、一戸建てなどの単語を目にしますが、どちらも同じ意味だと思っていませんか?

実は、両者の意味は少し違います。今回は一戸建てと、一軒家の違いや、中古一軒家の魅力、各地域によっての相場の違いについてご紹介します。

一軒家と一戸建ての違い

一軒家と一戸建ての違い

一軒家とは、建物まわりに何もなく一軒だけ建っている家の事です。

家が軒を連ねて建っているものではなく、他の家から離れた場所に一軒だけ建っている家とイメージすると良いでしょう。

一戸建てとは、一つの建物に一世帯が住んでいる住宅の事です。

また、一戸建てと言っても注文住宅や、建売・分譲住宅と2種類分けされています。

しかし近年では、一軒家と一戸建ての両者の使い分けはほとんどされていないと言っても良いでしょう。

使用が限定される一軒家より広い意味を持つ一戸建ての方が多く使われ、一軒家でも一戸建てということもあるようです。

 

中古一軒家のメリット

中古一軒家のメリット
では、中古一軒家のメリットとはなんでしょうか?

一番のメリットは、価格が安いという事です。

土地は経年劣化する事なく、価格は下がることはありませんが、建物は年を重ねるごとに安くなっていきます。

20年もすると、建物自体の価値はほとんどなく、土地だけの値段になってしまうということもあります。

また、既に完成した物件ですので、希望の間取りを直接見学して確認ができ、引っ越しも早くできます。

新築と違い建てた後に、想像していたものと違っていた、ということもありません。

自分の生活にあった物件を相談、見学をして生活をするイメージがしっかりとできます。

中古一軒家のデメリット

中古一軒家のデメリット

物件の価格が安いことがメリットの中古一軒家ですが、物件が古いと設備交換費や、修繕費などの初期費用がかかってしまう、というデメリットがあります。

物件を前もって見学できるメリットを活かし、どれだけの初期費用がかかってくるのかも確認すると良いでしょう。

また、希望物件の条件によっては、住宅ローン控除が受けられない場合もあります。

住宅ローンを控除するには住宅購入の際、築20年以内または、一定の耐震基準をクリアしている事が条件となってきます。

築20年以上の中古物件は、住宅ローン控除を受けることはできませんので注意が必要です。

中古一軒家でできる事

中古一軒家でできる事

価格が安い中古一軒家ですが、中古の良さを生かしたリフォームが可能です。

最近テレビなどで特集される、DIYのリノベーションもその一つです。

これはセルフリノベーションと呼ばれ、興味を持つ人も増えてます。

住宅業者に頼むと、設計費用や人件費などがかかりますが、セルフリノベーションは費用が安いのがメリットです。

また、自分で好みの素材やデザインを選ぶことができ、こだわりの住宅を作ることができます。

中古一軒家の場合、物件を購入する他にも、賃貸にするという選択肢もあります。

物件によっては様々な修繕補修などが、必要になってくることもありその分費用もかかりますが、中古一軒家を賃貸にする時、物件の修繕補修などは、その物件の持ち主である大家さんが負担する修繕義務があります。

しかし、修繕義務の範囲は現状回復までとなっているので注意が必要です。

もし、賃貸した物件を自分の好みにリフォームしたい場合は、大家さんの意向を反映した上で住宅リフォームが可能な賃貸契約のできるDIY型賃貸借という契約もあります。

参考:国土交通省 賃貸借契約によって発生する権利義務

参考:国土交通省 DIY型賃貸借のすすめ

中古マンションと中古一軒家どちらがいいの?

中古マンションと中古一軒家どちらがいいの?

中古マンションは都心部に多くあり、駅から徒歩でアクセスできる立地や生活がしやすく良い物件もあります。

それに加え、好立地の中古マンションですと、資産価値が高く物件によっては、防犯性が高い場合もあります。

一方、中古一軒家は郊外に立地していることが多く、アクセス面を考えると中古マンションのほうが良いです。

しかし、中古マンションの場合、駐車場がなく車移動が必要な人ですと、駐車費がかかります。

また、住居も一軒家と比べるとマンションの部屋は狭く感じることも。

中古一軒家の場合、マンションによくある隣人の生活音などが気になる心配もありません。

マンションの気にせず自分の好きな時間に好きなことができる事がメリットでもあります。

中古一軒家の地域による相場は?

中古一軒家の地域による相場は?

東京都の中古一軒家の物件ですと、建物と土地の両方が含まれ、条件によって、マンションより値段が高いという場合があります。

全国的な中古一軒家の平均は、3,000万円超えほどといわれています。

都内の中古一戸建ての条件で検索すると、物件の相場は、東京23区の中野区で6,000万ほどとなっており、平均より高いことがわかります。

首都圏から離れた地方では中古一戸建ての相場はどれほどなのでしょうか。

東京都の隣、埼玉県比企郡嵐山町ですと、2000万以下となり平均より下回っているという検索結果が出ました。

都心と比べ敷地面積が大きいので、生活居住が広いのが地方の利点とも言えるでしょう。

可能な予算で、希望する土地と物件の目安を探してみましょう。

 

自分にあった中古一軒家を見つけましょう!

自分にあった中古一軒家を見つけましょう!

新築で自分好みの住宅を建てるのも良いと思いますが、中古一軒家から仕事や生活に合う物件も探すと良いかもしれません。

実際に気になる物件を見学し、イメージを膨らませる事ができるのが中古一軒家の良いところです。

自分の住みたい地域からLDK中古一軒家などの条件に合う物件を探しましょう!