築年数は何年が目安?中古住宅を探すときのポイント

中古住宅を探す上で「築年数」を重視する人は多いのではないでしょうか?

新築は綺麗で設備もいいけれど、その分価格が高い・・・古すぎると耐震性も心配・・・。

どれくらいの築年数を目安にするといいかを徹底調査します。

築年数とは?

背広の男性と天秤

建物が完成してから経過した年数のことを「築年数」と言います。

築年数が古いほど建物自体が古いということになります。

また、賃貸物件のアパートやマンションでよく使われる「新築」や「築浅」にも定義があります。

完成後1年以内の建物で、誰も入居したことのない物件は「新築」と言い、誰か1人でも入居していると、1年以内の建物でも「築浅」という言い方になります。

中古住宅を購入するメリット

電球のイラストと男性

中古物件とは、借入の申込日から建築年数が2年を超えている物件、もしくは人がすでに住んだ物件のことを指します。

家を購入する際、建売や注文住宅の新築物件に住みたいという人も多いですが、場合によっては新築よりもいい条件で中古物件が見つかる可能性もあります。

中には、誰も住んだことのない物件もあります。

価格が安い

新築ではなく中古住宅を購入するメリットはなんと言っても価格です。

新築ではなかなか購入できないような、土地が高いエリアでも中古住宅であれば手が届く価格帯となってくることも少なくありません。

購入金額が安くすむことで、月々のローンの支払いも賃貸の家賃並みでおさまることも少なくありません。

立地のいい物件を見つけやすい

立地の良い物件が売り出されていることがあり、いい立地の物件が見つけやすいこともメリットのひとつです。

これから土地を探して建てる場合や、建売の場合はいい土地がすでになくなっていることが多いので、立地を重視する場合には中古物件も視野に入れるといいでしょう。

実際の建物を見ることができる

中古物件のいいところは、建物が実際に見ることができるところです。

新築の場合は図面であったりモデルルームを参考にすることが多いですが、実際に建物が完成しないと確認することができません。

外観内観はもちろん、日当たりや風通しなども中古物件だと体感することができるので、より住んだ時のイメージがつきやすいです。

また、ご近所や周辺環境がわかることもメリットの一つです。

中古住宅のデメリット

考える背広の男性

メリットが多い中古物件ですが、中古ということでもちろんデメリットもあります。

特に築年数が古ければ古いほどデメリットも多くなっていきます。

中古物件は設備が古い

もっとも大きなデメリットは設備が古いという点ではないでしょうか。

築年数がたっているほど痛みもでてきます。

あまりにも痛みがひどいと、リフォームが必要になることもあり、修繕費がかかってしまうという可能性もあります。

ある程度不動産側で修繕してくれている物件も販売されているのでしっかりチェックしてみましょう。

築年数によって住宅ローン控除が受けられない

住宅ローンについては知らない人も多いかもしれません。

住宅ローン控除は、住宅を購入する際に住宅ローンを組み、一定の条件を満たすと所得税の還付を受けられるというものです。

中古住宅の場合は、新築住宅と同様の条件を満たすことに加え、築年数の条件を満たすことが必要となります。

木造一戸建てだと、築年数20年以内という規定があります。

中古一戸建てを購入する際のポイント

指を立てる男性

中古住宅の購入を検討している場合、次の項目のポイントをおさえておきましょう。

住宅の購入はかなり大きな買い物なので、失敗やトラブルを回避することが重要です。

物件探しはじっくりしよう

いい中古住宅は申し込みも殺到するので、なかなか出会うことができません。

物件を探すときはじっくり時間をかけて納得いくまで物件を見るようにしましょう。

不動産会社を仲介していると、判断を急かされる場合もあるかもしれませんが、今後の生活のことも考えて焦らずしっかりと考えることが大切です。

築年数や設備、お部屋の間取りだけではなく、周辺環境や交通の便など、様々な条件を見るとよいでしょう。

トータルでかかる費用を考えておこう

家と金

中古物件を購入する際、建物の金額にばかり注意しがちですが、実際には他にも必要になる費用があります。

不動産会社の仲介手数料や登記費用、ローンの借入手数料・保険など諸費用がかかってくるので、トータルでどれくらいの費用がかかるのかをしっかり考える必要があります。

また、物件を維持していくために固定資産税や今後のリフォーム代など、どれくらいの費用が必要かの情報も集めておきましょう。

ケースによって様々ですが、建物の金額が9割、諸費用が1割程度で考えておくと良いでしょう。

家を売却する場合

中古物件を購入して、今まで住んでいた家を売却するという方もいるでしょう。

一人暮らしで賃貸で生活していた場合などは別ですが、売却する家がある場合、購入と売却どちらを先にするかで悩むのではないでしょうか?

売却を先にする場合は購入資金に充てることができますが、購入が決まるまで一時的に住む場所が必要です。

逆に購入が先の場合は、ゆっくり物件探しができたり引越しがスムーズではありますが、資金調達を考える必要があります。

不動産によっては売却も一緒にしてくれるところも多いので、スタッフに相談してみましょう。

良い中古物件を築年数で見極める

家の模型と青空

中古物件の築年数は、耐震性に着目すると見極めやすいのではないでしょうか?

新築物件であれば新耐震基準で建てられていますが、中古物件は築年数によっては基準を満たしていない可能性があります。

新耐震基準は1981年(昭和56年)6月1日に定められているため、制定日以降に建てられているかどうかをチェックしましょう。

さらに、2000年(平成12年)にはもう少し厳しい制度が定められているため、耐震性を重要視するのであれば2000年以降に建てられた物件を、最低でも1981年6月1日以降に建てられている物件を選ぶようにしましょう。

新築にも劣らない中古物件を探そう

新築よりも割安で購入できる中古住宅ですが、すべての条件がそろったものはなかなか見つけることが難しいかもしれません。

急がずにゆっくりと物件を探して、築年数や条件を満たす、良い中古物件を見極めていきましょう。