新築一戸建てを購入する前に確認しておきたいこと

ある程度の年齢や収入になり、そろそろ新築の一戸建てを購入したいと思う方も多いかと思います。

しかし、一戸建てを購入するのは人生の中でもかなり大きな買い物です。事前に情報を集めて、慎重に選びたいですよね。

今回は新築の一戸建ての購入について記事を書いていきます。

建築期間はどのくらいかかるの?

建築期間はどのくらいかかるの?
建築期間はおよそ1年ほどとなります。
まず、情報を集めることからはじめ、立地・土地の面積やローンのことを考えたり、実際に住宅見学に足を運んでみるなど行います。

情報集めの時点で1〜3ヶ月ほど時間がかかります。情報を集め終えたら、施工会社探し、相談、不動産会社などで土地探しなどでおよそ3〜6ヶ月ほどかかります。

内容が決まりましたら条件などを確認し、契約をおこないます。

 

契約時には仲介手数料など諸費用がかかる場合がありますので、しっかり確認しましょう。
契約が終わると着工となります。着工で3ヶ月〜6ヶ月ほどとなります。

最後に不具合などないか確認し、 およそ1ヶ月〜3ヶ月ほどで引き渡しです。

新築一戸建てを建てるには、期間に余裕を持って予定を立てていくことが大切です。

新築一戸建てのメリットとは?

新築一戸建てのメリットとは?
注文住宅や分譲住宅など、新築一戸建てには何パターンか種類があります。

どちらも新築には変わりないですが、一から住宅を建てるのか、元から建っている新築の物件を購入するかで変わってきます。

費用をかけて建てる新築一戸建てのメリットとは何でしょうか?購入前に確認しておきたいですよね。

それでは、新築のメリットをいくつかご紹介します。

新築だから新しい!

新築のメリットで一番に取り上げるとなると、新築のため新しいことです。

当たり前のことですが、誰も住んでおらず、壁や床が新品です。

また、最新の設備も揃っているので後々の修繕のことを考えると安心です。

ペットを飼うことができる

賃貸・マンションだとペット禁止の場合が多いと思います。

新築の一戸建てなら、気にすることなくペットを飼うことが可能です。

さらに、注文住宅の場合なら自分のペットが過ごしやすい住宅にすることもできます。

逆に新築一戸建てのデメリットは?

逆に新築一戸建てのデメリットは?
新築だと壁や床が新しいだけでなく設備が最新のもので後々の修繕費用があまりかからないことや、注文住宅の場合自由度が高い住宅を建てることができることがメリットとしてあげられることが分かりました。

では、メリットばかりの新築ですがデメリットは何でしょうか?購入する前に後悔がないように、デメリットも確認していきましょう。

価格が高い

中古物件と比べて新築の方が価格が高いことが一番に挙げられます。

新築なので、当たり前のことですが中古物件と比べてかなりの相場の金額差が生まれてしまいます。

費用を安く抑えたい方には、新築は手を出しにくいところがデメリットとなります。

実際に確認することができない場合がある

完成していない新築の場合、住み心地など確認することができず、購入した時にイメージと違うと思われることもあるかと思います。

確認できないことも新築のデメリットになると思われます。

新築のため、あらゆるものが新品で最新の設備ゆえ費用が高くなってしまうことが新築のメリットであり、デメリットとなります。

新築一戸建てにはメリットとデメリットが存在することがおわかりいただけますね。

新築一戸建ての購入でチェックしたいこと

新築一戸建ての購入でチェックしたいこと
新築一戸建てを購入するには、メリットとデメリットがあることがわかりました。

大きな買い物ですので、購入後に失敗した…とならないためにも、購入前に実際に展示場に見学に行ってみましょう。

見学した際に、どこを確認したらいいか迷う方も多いと思います。いくつか見学の際にチェックした方がいいポイントをご紹介します。

チェックしておきたいこと

・生活動線
マンションと比べて、室内に階数がある分生活動線が長くなります。

日常生活に支障を出さないためにも、間取りなど生活動線は確認する必要があります。
また、階段もしっかり確認しましょう。

日々の生活上、階段の上り下りはほぼ必須となります。

何回も上り下りすることになるとかなりの負担となってしまいます。

お年寄りや子供が問題なく上り下りできるか、生活動線として負担にならないか、階段もしっかり確認しましょう。

 

・トイレ・洗面所などの水回り
大人数の家族であれば、洗面台が混んでいてもぶつからないか、複数あるかなどの確認が必要となります

 

・窓の位置
窓の位置で室内の明るさなどが変わります。

明るさは十分か確認しましょう。

明るさの他にも、日当たりはいいのか風がしっかり通るかを確認しましょう。

 

・収納
生活していく上で、どうしても物は増えがちとなります。

充分に収納ができるか、物の出しやすさなど確認しましょう。

また、家族が増える予定などある場合は、後々のことを考えて収納に余裕があるか確認も必要です。

 

・外構
見た目だけでなく、セキュリティ面など問題ないか確認しましょう。

思わないところで危険が潜んでいたりします。

しっかり外からも家を確認しましょう。

その他にも、周りの環境など確認しましょう。

後々、大きな建物が建ち日当たりが変わってしまうことも…。
また、子供がいる場合は公園が近くにあるか、治安はどうなのか…など確認も必要になると思います。

家を購入して、失敗した!とならないためにも、事前に情報を集める必要があります。

住宅見学で事前に用意しておく持ち物

分譲住宅などを見学する機会があると思います。

せっかくの見学ですので、持ち物を準備しておきましょう。

気になった点や、先ほど挙げたチェックしておきたいことの確認忘れがないように筆記用具を持っていくと安心ですね。

また、現在の家にある家具が入るかどうか確認のためメジャーや、方角を確認するためにコンパスなども必要かと思います。

見学の前に気になる点があれば、担当の人にサポートしてもらえるように、事前に準備しておきましょう。

新築一戸建てを購入する前には準備を

新築一戸建てを購入する前には準備を
新築一戸建てを購入するとなると、どうしても費用がかかってしまいます。

大きな買い物ですので、見学の際には、確認したいことは全てチェックするなど、事前に準備が必要となります。

購入してから後悔がないように、しっかり確認しましょう。