注文住宅で間取りを決めるときのとこだわりたいポイント

家を購入するとき、自分たちが自由に決められる注文住宅に憧れがある方も多いのではないでしょうか?
自由に決められる楽しみがある反面、悩みも多いのが注文住宅です。こだわりがある方も多いと思います。

今回は間取りの決め方とこだわりたいポイントをご紹介します。

注文住宅でのこだわりと間取りの決め方

注文住宅でのこだわりと間取りの決め方

注文住宅で間取りを決めるときは、間取りの自由度の高さが大変です。

法律で決まっている建築の基準法を満たしていれば、お客様が自由に間取りを決められます。

空間の取り方やプライバシーの確保、日光の取り入れ方など、間取り決めは楽しいですが、今後の生活を決めてしまう大変で難しいものでもあります。

敷地条件からも間取りを決めていきたいです。

間取りを決める際の3つのステップ

間取りを決める際の3つのステップ
マイホームの間取りを決めると言っても、実際は何からはじめて何をどうしてけばいいのかわからない。
周りの人は上手く段取りをして決めているけど、自分は段取りが上手くいかず決めれない。

上記のような方が大半だと思います。では、間取りはどんな風にどのように決めていけばよいのか、次の3つのステップをみてみましょう。

1.各々が全ての希望を出してみる

なるべく希望を叶えられるよう、各々が自分が憧れる・自分の望む生活を出してみましょう。

・寝室の隣にウォークインクローゼットやベランダが欲しい
・リビングとダイニングは同じ空間にして行き来できやすいようにしたい

上記のように意見を出してみてください。

「風通しがいい室内」「階段を螺旋状にしたい」「設備を抑えたい」のような抽象的でも大丈夫です。

2.生活する上で一番大事な部分は何かを考える

次に、生活していく中で一番大事にしたいことを考えてみてください。

3つぐらい挙げて順番をつけていきましょう。

例えば、
1.周りの騒音が気にならない
2.子どもが何しているか、様子がよくわかること
3.玄関は大きい方がいい

上記のように自分の中でランキングをつけていきましょう。

3.ハウスメーカー(住宅建設会社)に相談する

最後にハウスメーカーに相談しましょう。

ステップ1,2の内容に加え、日当たりや風通しのことなどについても住宅のプロに考えてもらって、いくつかの案を出してもらいます。
いくつかの案を出してもらったら想像してみましょう。

「トイレは広い方がいいと言ったけど、広すぎるとなんとなく落ち着かない」「家族とのコミュニケーションも大事だけど、子どもたちのプライバシーがない気がする」などのように、メリット・デメリットを出してみて、再度ハウスメーカーに相談します。
案を出してもらい考え相談を繰り返すことで、理想の住宅像が見えてきます。

次に間取りのこだわりたいポイントを見てみましょう。

注文住宅でのこだわり

注文住宅でのこだわり
多くの人が注文住宅を建てるとき、こだわりたいポイントがいくつかあるはずです。
建売住宅とは違い最初から設計するため、自分や家族のライフスタイルに合うようにこだわれるのは、注文住宅の醍醐味でしょう。

収納スペース

収納スペースの確保にこだわる人は案外います。
生活をする上で収納スペースは日常生活に密接に関わっているため、広さ重視というだけではなく、使いやすい場所に収納スペースがある、利便性が高い間取りにするのが大事です。

家事をする時や出かける準備の時などシーンごとにどのような動きをするのか、シミュレーションしながら決めていくのがコツです。

収納スペースがどこにあると利便性が高く使いやすいのか考えて配置していきましょう。

外壁の色や質感

家の中とは違い、外観は常時第三者から見られています。

そのため、周りの環境になじんでいながらかつ個性があるデザインだと、センスの良さが出てきます。

モダンな感じにしたいので直線的なラインで統一されたデザインにするなど、自分なりのこだわりを壁や屋根も含めデザインに反映させましょう。

また、配色や外壁の種類なども外観のデザインにはとても大切です。

落ち着いた雰囲気にしたいのでダーク系のトーンでまとめる、ブルックリンテイストしたいからレンガを使うなど、デザインに合わせて色や外壁の種類など選びましょう。

テイスト

空間の雰囲気を決めるインテリアのテイストはこだわりをしっかりと取り入れたいです。
モダンな雰囲気が好きなら、モノトーンを使ったり直線的なラインでデザインしたりします。

自然を感じたいのなら、ナチュラルなテイストがしっくりきます。

基本的に木や石といった自然界に存在している素材を使います。

一つに絞りコーディネートすることにより統一感は出ますが、決められない!という人もいると思います。

決められない場合は、いくつかのテイストを盛り込むのもありです。

複数のテイストを盛り込むことによりオリジナルのスタイルを楽しむことができます。

カラーコーディネート

カラーコーディネートで色の力を引き出すことは必要です。

収縮色や膨張色を利用し部屋を広く見せたり、統一感を出したり、天井を高く見せたりといった効果を出すのに色を利用することは最適です。

カラーコーディネートのポイントは、同じ空間の中で使用する色の数を増やさないこと、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーを決めることです。

プロの場合、経験を生かしいろいろアレンジができますが、初心者がコーディネートをする場合、上記2点を押さえておけばまとまりがない印象を与えてしまうのは避けられます。

間取りとこだわりたいポイントで理想の家に

マイホーム
間取りのでこだわりは人それぞれたくさんあると思います。

しかし、こだわりすぎてデザインバランスが崩れたりして失敗するなら、こだわる意味がありません。
注文住宅での間取り決めは、自由度が高過ぎて大変ですが、とても楽しいので優先度をしっかり決め話し合いがながら理想の新築に近づけていきましょう。