二世帯住宅リフォームを検討中の方必見!気になるポイントを解説

「高齢の両親が心配」、「夫婦共働きなので両親に子育てを助けてもらいたい」、などライフスタイルの変化により、二世帯住宅リフォームを検討する方が増えているかと思います。

この記事では二世帯住宅リフォームの知っておくべきポイントをご紹介します。

二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯住宅にはそれぞれの家庭のライフスタイルに合った間取りが3パターンあります。

間取りによってはリフォーム費用が高くなることもあります。

安心、快適な住まいにするために、家族でよく話し合って検討しましょう。

以下、二世帯住宅の3パターンです。

 

・完全分離型二世帯住宅ホーム(左右分離タイプ)

・完全分離型二世帯住宅ホーム(上下分離タイプ)

・部分共有型二世帯住宅ホーム

それぞれのメリット、デメリットについて紹介していきます。

完全分離型二世帯住宅ホーム(左右分離タイプ)

完全分離型二世帯住宅ホーム(左右分離タイプ)

完全分離型二世帯住宅ホームとは、浴室やトイレなどの水まわりや、リビングなどの生活空間なども完全に分離しており、一切共有しないタイプです。

二世帯家族間のトラブルを避けるために、完全分離型を希望する家庭が多いようです。

完全分離型で、壁を間にして建物を左右二つに分離したものが左右分離タイプです。

メリットとしては、プライバシーを守りやすくなるので、ストレスがかかりにくいことです。

二世帯住宅の中では人気の間取りなので、売却もしやすいです。

デメリットは、施工費用が高いことです。また、建物を左右二つに分けるので、広い敷地でなければ部屋の中が狭くなってしまいます。

完全分離型二世帯住宅ホーム(上下分離タイプ)

完全分離型二世帯住宅ホーム(上下分離タイプ)

完全分離型で、建物を1階と2階といったように階で分離したものが上下分離タイプです。

高齢の親世帯は1階で、子世帯は2階という分け方が一般的です。

左右分離タイプと同じくプライバシーは守られるのですが、足音や騒音が気になるところがデメリットです。

メリットは、階段や玄関など共有部分をつくると施工費用を抑えることができることです。

左右分離タイプよりはお財布に優しいでしょう。

部分共有型二世帯住宅ホーム

部分共有型二世帯住宅ホーム

部分共有型二世帯住宅ホームとは、完全分離型とは違い、水まわりや一部の部屋を共有するタイプです。

お風呂、トイレは共有だけど、キッチンは別など色々な選択肢があります。

メリットは、水まわりやキッチンなどを共有にすることにより、光熱費が節約できることです。また、完全分離型とは違い、共有部分が多くなるので施工費用も安く抑えることができます。

デメリットは、二世帯が触れ合うことが多くなるためプライバシーを守ることが難しいことです。

多少ストレスを感じることがあるかもしれません。

会社の出勤や帰宅時間など、家族それぞれ生活スタイルが異なる家庭もあるかと思います。

二世帯家族間で問題が起こらないよう、検討する際は二世帯家族みんなでじっくり相談しましょう。

二世帯住宅リフォームの費用相場は?

二世帯住宅リフォームの費用相場は?

二世帯住宅の3タイプのメリット・デメリットを紹介しましたが、それぞれの費用相場はいくらぐらいなのでしょうか。

施工費用が高いのがデメリットだと紹介したタイプもありますが、できるだけ低価格でリフォームしたいものです。

ここからは、二世帯住宅リフォームの事例とともに、費用面も紹介していきたいと思います。

〜50万円の二世帯住宅リフォーム

二世帯住宅リフォームで検討される方が多いのが、バリアフリーの住宅ではないでしょうか。

高齢の両親と同居となると、両親が暮らしやすい家にしたいですよね。

階段や廊下などに、手すりを設置するなどであれば、10万円ほどで可能です。

また、世帯ごとにトイレなどの水まわりを分ける場合は、給排水管の工事も含めて50万円ほどです。

バリアフリーのリフォームには、介護保険やバリアフリー改装工事の補助金制度もあるのでチェックしましょう。

50〜150万円の二世帯住宅リフォーム

車椅子も出入りしやすい広い玄関にリフォームしたいとお考えの方もいるでしょう。

収納スペースの余裕があり、広々とした玄関へのリフォームは50〜70万円ほど必要です。

また、バリアフリーの浴室や、浴室を増設する場合は80〜160万円前後かかるでしょう。

キッチンの増設は120〜150万円ほどです。

150〜500万円の二世帯住宅リフォーム

使い勝手の良いキッチンや、リビング・ダイニングを全面的にリフォームしたいという場合は、150万円ほどの費用と覚えておいてください。

二世帯で食事をするためのLDK全体のリフォームを300〜400万円ほどで行う家庭も多いです。

500万円〜の二世帯住宅リフォーム

個々のプライベートな空間をつくるために、個室を増やしたり、大規模な間取り変更をお考えの方は、500〜1,000万円ほどの費用がかかることを考えておいてください。

戸建ての家を世帯ごとに完全に分離するリフォームは1,000万円以上はかかります。

それでも新築に建てなおすよりは費用を抑えられるので検討してみても良いかもしれません。

二世帯住宅リフォームでお得なこと

二世帯住宅リフォームでお得なこと

二世帯住宅にすることで、税金面でお得なことがいくつかあります。

例えば、相続税の軽減です。

二世帯住宅は、相続する土地に対して相続税が80%減額される「小規模宅地の特例」というものに該当します。

つまり、二世帯住宅で子が親と同居する場合、親名義の土地を子が相続すれば、相続税が80%減額されるのです。

ただし、適用されるには土地の限度面積があるのでチェックしましょう。

また、キッチン、お風呂、トイレ、玄関のうち2箇所の設備が2つ以上になる場合は、リフォーム費用またはリフォームローンが減税の対象になります。

他にも税金面で得することがあるので、チェックしてみましょう。

二世帯住宅リフォームは慎重に

二世帯住宅リフォームについて簡単な解説をしましたが、費用やそれぞれの家庭のライフスタイルによって、どうリフォームするか変わってきます。

リフォームしたけど住みにくい…、家族間でストレスが…、なんてことにならないように、二世帯住宅に詳しい専門業者に相談しましょう。