セカンドハウスとは?購入する際のメリットやデメリットを解説!

セカンドハウスという言葉をご存知でしょうか?

セカンドハウスとは、毎週末や月1以上での生活することを主な目的としている、第二の住まいのことです。

よく別荘と間違われるのですが、また異なるものです。

では、別荘と何が違うのか見ていきましょう。

セカンドハウスとは?

セカンドハウスとは?
セカンドハウスとは、メインの自宅とは別に所有する、もうひとつの家のことです。

ポイントとして別荘のように、山の中やリゾート地など自然環境に恵まれている場所だけではなく、勤務地の近くなど、いろいろな立地に所有する家がセカンドハウスにあてはまります。

平日は、通勤・通学などのために利便性が高い立地で暮らし、週末は別の場所で家族と過ごすために家を用意する、といったケースも、セカンドハウスといえます。

セカンドハウスと別荘との違い

セカンドハウスと別荘はどちらとも、生活の基盤となるメインの住まいとは別に所有する、もう一つの家のことです。
もう一つの家という点では同じですが、目的が違ってきます。

はっきりとした定義がありませんが、別荘はリゾート地や山の中などに構え、バカンスや保養などを目的としている家ということで、一種の「ぜいたく品」というポジションになります。

しかし、セカンドハウスは、月1以上や毎週末など定期的に生活するために必要になってくる家ということで、「ぜいたく品」というポジションにはなりません。

日常になくてはならないもの、という扱いです。

例えば、「会社や事務所までの通勤距離が長いから、平日だけ会社の近くで借りた部屋」といったようなものは、セカンドハウスになります。

セカンドハウスのメリット・デメリット

セカンドハウスのメリット・デメリット
セカンドハウスの所有には、メリットとデメリットがあります。

<メリット>
・初期費用を抑えられる
・税金の優遇措置が受けられる
・資産を形成し運用できる

<デメリット>
・定期的に生活しないといけない
・庭の手入れや防犯対策が必要

ライフスタイルにも影響が出やすいので、セカンドハウスご検討の方は、まずはメリット・デメリットについて知っておくことをおすすめします。

メリット1:初期費用を抑えられる

マンションを購入したり土地を購入してセカンドハウスを建てる方も多いですが、誰も住んでいない家を安く購入したり、古民家をリノベーションし、セカンドハウスとして持つ人もいます。
後者なら、ゼロから建てるよりも初期費用をグンと抑えられます。

メリット2:税金の優遇措置が受けられる

別荘は「ぜいたく品」というポジションになりますので、税金の優遇措置は原則受けることができません。

しかし「生活に欠かせない家」というポジションであるセカンドハウスは、普段、生活の基盤としている家と同じく優遇措置の対象となります。

税金の優遇措置の対象になりますと、固定資産税が最大で6分の1に、都市計画税が3分の1に減るほか、不動産取得税も減る可能性があります。

メリット3:資産を形成し運用できる

ライフプランが変わって、セカンドハウスを使わなくなった場合でも、「賃貸にして家賃収入を得る」「売って老後の生活資金にする」など、資産として活用できます。

その他にも、金融機関から融資を受けるためにセカンドハウスを担保するなど、いろいろな運用方法があります。

デメリット1:定期的に生活しないといけない

定期的に生活しないと、セカンドハウスと認められません。
遠い場所やリゾート地など一定して通えない場所にセカンドハウスを建てた場合、別荘扱いになることがあります。

デメリット2:庭の手入れや防犯対策が必要

定期的に生活するといっても、家にいない時間も長くなりますので、庭のお手入れやごみの処分は行いましょう。

セカンドハウスに限った話ではないですが、家屋内の不在時間が長くなるので、防犯対策などは必ず行う必要があります。

セカンドハウスを持った方がいい人

セカンドハウスを持った方がいい人
次のようなお考えを持っている方は、セカンドハウスを検討するのもよろしいでしょう。

・通勤に時間がかかる
・週末は田舎でゆっくりしたい

「セカンドハウスなんて、もったいない」と金銭面だけで考えるのではなく、通勤時間の短縮やライフスタイルの充実といった面も考慮することをおすすめします。

通勤に時間がかかる

会社と自宅が結構離れており、会社まで片道1時間以上かかる場合など、通勤に不便さを感じている人にはセカンドハウスはおすすめです。
通勤時間の長いと、自分が想像している以上に体や心に負担がかかっています。

毎日長時間、満員電車に乗っている方は、会社に行くだけでドッと疲れがたまると思います。

会社の近くにセカンドハウスを持つことにより、通勤時間が短くなるだけではなく、通勤のためになくなっていた睡眠時間を取り戻せます。

また、空いた時間を趣味に充てることも可能です。

週末は田舎でゆっくりしたい

週末は都会から離れて、情報を遮断し田舎でゆっくりとのんびりと過ごしたいという方にもセカンドハウスはおすすめです。
田舎にセカンドハウスを構えれば、休日は自然の中で野菜などを育てるといった、都会では難しい生活もできます。

いつもは仕事で都市部から出られない人も、田舎にセカンドハウスを持つことにより、休日時の充実化、週末の理想的な生活を手に入れられます。

セカンドハウスでローンは組めるのか

セカンドハウスでローンは組めるのか
セカンドハウスローンを組むときは、新築物件であろうが中古物件であろうがローンを組めますが、一般の住宅ローンは組めません。

ローンを組むときは、セカンドハウスローンというものを組みます。

セカンドハウスローンのポイントは、次のものは挙げられます。

・通常の住宅ローンに比べて金利が高い
・通常の住宅ローンに比べると審査が厳しい
通常の住宅ローンに比べて金利が高い
セカンドハウスローンの金利は金融機関にもよりますが、2%後半〜3%、4%近くなることもあります。

住宅ローンは金利が1%を切ることもあるため、セカンドハウスローンは住宅ローンの3倍くらいの利息がかかってしまいます。

通常の住宅ローンに比べると審査が厳しい

セカンドハウスはメインの住宅に比べて必要性がそこまで高くありません。

また、セカンドハウスを持つということはそれだけコストがかかってくるため、セカンドハウスローンを滞りなく返済していける経済力があるか、金融機関はしっかりと確認してから融資します。

上記のようなことから、住宅ローンと比較してもセカンドハウスローンは審査が厳しくなっています。

セカンドハウスローンを組むときはフラット35を利用する

フラット35とは、2003年からスタートした住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して取り扱っている住宅ローンです。

フラット35だと金利は、優遇金利制度を導入しているため、通常の住宅ローンと比べて近い金利で融資を受けられます。

セカンドハウスの活用はライフスタイルの選択肢の広がりにつながる

セカンドハウスとは、別荘とは違うもう一つの家のことです。

週末は田舎で過ごしたい方や通勤に時間がかかる方などにおすすめです。

一般の住宅ローンでは、ローンが組めないのが注意点です。

検討している方は、FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談してみてもいいですね。