憧れの新築一戸建て!注文住宅の相場知って計画的にマイホームを購入しよう!

家を建てるぞ!と住宅購入を検討する際、多くの方が最初に考えるのは購入予算でしょう。

住宅購入後、無理なく返済するためにも、入念な情報収集を行い、収入と返済のバランスのとれた住宅購入予算を決めていくのが理想的です。

こちらの記事では新築一戸建ての購入価格相場をご紹介します。

新築一戸建てに掛かる費用項目

新築一戸建て 費用

新築一戸建てを建てる場合、建築工事だけでなく火災保険や家具購入費など様々な費用項目がありますので、初めに新築一戸建てに掛かる費用項目をご説明します。

本体工事費

本体工事

本体工事費は、住宅を建てるための工事費や材料費のことを指します。

基礎工事、大工工事、外装工事など建物本体の工事費と人件費が本体工事費に含まれています。

一般的な新築工事の場合、総費用の70%から80%が本体工事費にあたります。

付帯工事費

付帯工事費とは、住宅に付帯した費用です。

具体的には、電気・ガス・水道などのライフラインを自宅に引き込むための整備、既存住宅の解体、産業廃棄物処理などが該当し、総経費の20%から30%が付帯工事費となります。

諸費用

諸費用

その他の費用として、新築購入時に掛かる取引費用があります。

具体的には融資事務手数料(4万円前後)、火災保険(25万円前後)、登録費用(40万円前後)が必要最低限掛かります。

新築一戸建ての費用項目としては、本体工事費、伝い工事費、諸費用の3つになりますが、家具購入費や引越費などもあらかじめ予算に入れておきましょう。

新築一戸建ての相場

一戸建て 相場

新築一戸建ての相場は、土地と建物の両方を購入する場合か、建物のみを購入する場合で予算が大きく変わります。

土地と建物の相場

土地付き新築一戸建ての相場は、全国平均で建設費2,583万円、土地取得費1315万円、合計3,898万円です。

新築一戸建てを建てる場合、住宅の立地も重要な要素です。

決められた予算のなかで、駅から近い、小学校から近いなど立地を重要視するか、3LDKや間取りが良いなど建物に重きを置くのかを考えたうえで、土地と建物それぞれに予算配分しましょう。

建物のみの相場

建物のみの予算相場は、全国平均で3,320万円です。

新築を建てる場合、土地を購入するのが一般的ではありますが、すでに土地を所有している場合は、建物のみに予算を使えるため、土地と建物の相場よりも建設費が高い傾向があります。

適切な購入予算の考え方

予算の考え方

新築一戸建てを購入は多額の資金が必要です。

返済困難にならないためにも、自分にとってどのくらいの購入費が適切なのかを正しく判断する必要があります。

ライフプランを考える

ライフプランを考える

住宅ローンは通常、25年から35年ほど長期にわたって支払いしていきます。

数十年の年月の中で、自動車の購入、教育費などいろいろな出費があります。

住宅ローンの返済金額を考える際は、住宅ローンの返済以外に掛かる費用を考える必要があります。

新築購入時の諸経費を把握する

融資事務手数料や火災保険など必ず掛かる諸経費の他に、新築購入時に付随する引っ越し費、家具や家電の購入費などのその他費用を事前に把握し、予算の中に組み込んだうえで適切な購入予算を考えましょう。

年収倍率を参考にする

マイホーム購入の適正価格を見極める一つの考え方として、年収倍率があります。

年収倍率とは年収に対して何倍の価格が住宅購入予算に適切かを測るも指標です。

全国平均では、土地付き新築の場合は年収倍率7.1、建物のみの年収倍率は6.3となっています。

毎月の返済金額から逆算する

適切な購入費用を考えるためには、ご自身の返済能力を知る必要があります。

年収分の、年間返済額の割合を返済比率といいます。

返済比率が30%から35%前後が住宅ローンの審査基準です。

返済比率は目安であり、必ずしも無理なく返済可能な割合ではありません。

現実的には、生活費を踏まえ考えて20%以内収める方が多いです。

自己資金を考える

住宅ローン審査で3,000万円の融資が可能であり、自己資金が400万円であれば、トータル3,400万円の住宅購入が可能です。

注文住宅購入時の資金としてご両親からお金を借りる方も多いです。

自己資金としていくら出すことが可能かを見極めた上で、住宅ローンを組みましょう。

マイホーム購入は何歳までにするべき?

マイホーム 何歳までに購入するか

何歳でマイホームを購入するべきかは、住宅ローンを組む際にとても重要な要素になります。

2017年6月住宅金融支援機構「2-1年齢(融資区分別)」によると、新築一戸建てを購入している52%が30代、17.8%が20代であることが分かります。

住宅ローン年数は一般的に30年~35年です。

定年退職が65歳の場合は、35歳までには住宅ローンを組むことをお勧めします。

頭金はいくら払うのが普通?

頭金はいくら支払う

一般的に住宅購入時の頭金は、住宅購入費の20%以上が望ましく、少なくても10%以上は用意したほうがいいといわれています。

現在の貯蓄額から家電や家具の購入費や引っ越し費を引いて、頭金にいくら払えるかを計算してみましょう。

1例として4,000万円の住宅購入する場合の頭金20%、頭金10%、頭金ゼロの場合の支払額を比較してみましょう。

頭金 借入額 毎月返済額 総支払額
頭金20% 800万円 3,200万円 9万6419円 4850万円
頭金10% 400万円 3,600万円 10万8471円 4956万円
頭金ゼロ 0円 4,000万円 12万523円 5062万円

こちらの比較表は、35年住宅ローンの年利1.4%、35年返済の条件で計算してあります。

頭金ゼロの場合、頭金20%と比べ毎月支払い金額が2万4104円、総支払い額が212万円高くなります。

マイホーム購入は計画性が大切

マイホームは計画性が大切

建売住宅や不動産物件、賃貸マンションなどと比べ、新築一戸建てはどうしても金額が高くなります。

多くの人にとってマイホーム購入は人生で一番高い買い物でしょう。

今回ご紹介させていただいた新築一戸建ての平均購入価格や、毎月のお支払い金額の相場はあくまで目安です。

平均費用や相場にとらわれず、まずはライフプランをしっかりと計画し、無理なく返済できる金額を考慮したうえで、納得のいく住まい設計をしていきましょう。