注文住宅で予算をオーバーしない秘訣とは?10のポイントをご紹介!

理想の新築マイホームを実現してくれる注文住宅ですが、ついつい理想を詰めすぎて「予算をオーバーしてしまう!」という方も多いのではないでしょうか。

当記事では、予算をオーバーしないための節約ポイントを解説いたします。

注文住宅の予算オーバーを防ぐポイント10選

お金と住宅

注文住宅を設計する際に、見直すと大きくコストを削減できる10個のポイントをご紹介いたします。

予算オーバーが気がかりな方は下記の方法を是非おさえておきましょう。

ポイント1.床面積を減らす

床面積を減らすと、当然ですが面積分の材料費と施工費を節約することができます。

間取りをもう一度見直し、必要な部屋数等を洗い出しましょう。

家事や生活の導線を考えてみることで、不必要なスペースを削減できるかもしれません。

ポイント2.総二階構造にする

総二階とは、一階と二階の面積が同じ構造のことを指します。

総二階構造なら、構造部分と屋根の施工費・材料費を最小限に抑えることができます。

間取り上の問題がなければ総二階構造がおすすめです。

ポイント3.片流れ屋根にする

「片流れ」とは屋根の種類の中で、一枚の屋根が一方向だけに傾斜している屋根のことを指します。

屋根の施工にかかる金額が少なく済むため、「寄棟」や「切妻」よりもかなりおトクになります。

スタイリッシュなデザインで、人気が高い屋根形状です。

雪国では家の片側に雪を寄せることができるので、片流れの屋根形状が一般的に普及しています。

家の一方にスペースを空けて雪が落ちるようにすれば、除雪の手間も省けます。

片流れの形状のデメリットとしては、軒先のない方の外壁が太陽光や雨風の影響を直接受け、劣化しやすくなることです。

片流れ屋根にする場合は、屋根と壁の材質に拘る必要があります。

材料費とのバランスも踏まえて、ハウスメーカー や工務店の担当者に相談し、見積もりを貰うと良いでしょう。

ポイント4.外壁の凹凸を減らす

外壁の凹凸が多いと、その分外壁の材料にかかる金額が高くなります。

間取りに問題がなければ凹凸の少ない構造にしましょう。

ポイント5.門扉を設置しない

門扉やフェンスにかかる費用は大きいため、門扉を設置しないことで外構での費用をかなり抑えることができます。

必要ないと思う場合は削ってしまいましょう。

ポイント6.和室を設置しない

一般的に、和室は洋室よりもコストがかかります。

和室に使用される木材の材料費が高く、設置の際の工程が洋室よりも複雑であることが要因です。

さらに設置後も、障子や襖などのメンテナンス費用がかかってきます。

特に必要がないのであれば、和室を設置しないことで大幅に経費を節約することができます。

ポイント7.水周りは分散させない

キッチンや風呂・トイレなどの水回りに関わる設備は、できるだけ分散させず、1箇所に集中させると配管工事の費用が節約でき、大きくコストダウンすることができます。

風呂とトイレを隣接させるなど、間取りを見直してみましょう。

ポイント8.部屋を仕切らずスペースを利用

1つの部屋を仕切ると、仕切る壁や出入り口の扉を作るのに材料費と施工費がかかります。

パーテーションを活用したり、部屋の一角に畳を置いてスペース作りをする等の工夫をすることで、部屋を作らずにコストを削減することができます。

ポイント9.収納を1箇所にまとめる

各部屋にクローゼットを設置するのではなく、大きなウォークインクローゼットを作ることでスペースを削減できます。

衣類の場所が明確になるため、生活の導線も効率化できるのでおすすめです。

ポイント10.必要な経費を洗い出す

注文住宅購入の際、つい忘れてしまいがちなのが諸経費です。

家を建てる時は、家そのものだけでなく、購入するための手続きに関する費用もかかってきます。

具体的には、下記の費用が挙げられます。

  • 土地・建物の登記に関する費用
  • 住宅ローンにかかる費用(手数料・保証料等)
  • 解体費用
  • 地盤調査費
  • 測量に関する費用
  • 引越し費用

今一度、上記にどのくらいの費用がかかるのかを洗い出すことで、予期せぬ予算オーバーを防ぐことができます。

はっきりとわからない場合は、金融機関や担当のハウスメーカー ・工務店の担当者に相談してみてください。

予算を削ってはいけない部分

設計図

経費を節約することは大切ですが、だからといって安全性や快適性を疎かにしてしまうと、快適な日常生活を送ることができなくなってしまいます。

節約のポイントと共に、削ってはいけないポイントもおさえておきましょう。

耐震関係

耐震に関わる部分とは、柱や梁等です。

柱はご存知の通り、屋根や2階などの上部構造を支える役割を担っています。

梁は住宅の横方向への力を抑え、強風や地震時の横揺れに耐えるのに重要な役割を果たします。

同時に梁は、柱への負荷を分散する役割も果たしているため、梁の強度が不十分だと柱に負荷がかかりすぎてしまう危険性があります。

上記の理由から、柱や梁の品質を落とすことはおすすめ致しません。

品質を落とすことで、却って将来の修繕費やリフォーム代などが嵩んでしまいます。

断熱

断熱で大切なのは、屋根や壁の断熱材です。

屋根は直接日光が当たる部分であるため、断熱材の質を落としてしまうと夏の暑さに耐えられない家となってしまいます。

また、屋根や壁の断熱材は家を保温する役割も担うため、冬の寒さ対策にも欠かせません。

断熱材のグレードは落とさないようにしましょう。

セキュリティ

セキュリティに関する費用は極力削らないようにしましょう。

無闇にコストダウンしようとすると、将来的に盗難等のトラブルに巻き込まれてしまい、却って損害を被ってしまう危険性が高まります。

最悪の場合、命を落としてしまうかもしれません。

鍵や扉・窓に関しては耐久性があり、安全性の高いものを取り付けるようにしてください。

ポイントをおさえ夢のマイホームを!

上記のポイントをおさえて、間取りや構造を工夫すれば、予算内で理想のマイホームを実現することができます。

まだ予算に不安がある方は、担当の方に相談してみてください。

また、ご自分の状況に近い方のブログ記事などを参考にするのもおすすめです。

しっかり吟味して夢のマイホームを手に入れてください。