不動産購入申込書とは?記入方法と注意すべき点をご紹介

物件を初めて契約する方は、「『不動産購入申込書』はどういった書類なの?」「提出したら契約完了なの?」「提出後にキャンセルってできるの?」などといった疑問点が多いのではないでしょうか?

今回は、不動産購入申込書について、記入方法や注意点を紹介します。

不動産購入申込書とは?

不動産購入申込書とは?

「不動産購入申込書」とは、売主に対して買主が物件を購入することを意思表示するものです。

売主である不動産会社と物件を直接取引する場合は、売主の不動産会社が不動産購入申込書を準備しています。

一般的には、不動産仲介業者が仲介している場合は、仲介業者が不動産購入申込書を準備します。

候補の物件が見つかったらまずは、不動産購入申込書を売主、もしくは不動産会社へ提出しましょう。

不動産購入申込書を提出すると、売主側で精査されます。

基本的には物件の契約は先着順で決まりますが、人気の物件だと抽選して購入者を決定することもあります。

不動産購入申込書を提出したからといって、物件の契約が完了したわけではありません。

あくまでも物件を購入する意思表示をしただけになります。

不動産購入申込書の書き方

不動産購入申込書の書き方

不動産購入申込書は、契約する不動産によって様式は違います。

最低限記入が必要な事項は、どの不動産会社でも統一されていますので、重要な部分の書き方について解説します。

申込日

不動産購入申込書にある、申込日の記入欄について、ご紹介します。

申込日の欄には、不動産購入申込書を提出する日付けを記入してください。

よくある間違いやすいパターンが、記入した日付けを記載する方が多いです。

記入した日ではなく、不動産購入申込書を事前に提出する日程を決めてから、日付けを記載するようにしましょう!

買主の情報

買主の情報

買主の情報欄に記載する記入方法について、ご紹介します。

まずは、ご自身(買主)の氏名・住所・連絡先を記入します。

基本的には世帯主の方の氏名や連絡先を記載するのが一般的です。

書類に不備などがあった場合、すぐに対応できるようにするために、連絡先は、日中でも連絡がつきやすい連絡先の記入をおすすめします!

印鑑の押印箇所には、認印を押印します。

売買価格

売買価格

売買価格の記入方法について、ご紹介します。

売買価格の記載欄の部分には、物件の希望価格を掲載します。

提示されている売価価格を記載していただくか、価格の交渉をしたい場合には、希望価格を記載しても問題ありません。

記載された価格をもとに売主との交渉が始まります。

提示されている売価価格と希望価格があまりにも乖離しすぎないように注意が必要です。

手付金

手付金の記入方法について、ご紹介します。

売買契約の際に、手付金として支払う価格を記載します。

手付金の相場については、売買価格に対して5~10%です。

手付金とは別に、売価価格の残金記載と支払い期限を記載するケースもありますので、あわせて記入してください。

支払い期限は、目安の期限の記載で問題ありません。

引渡し日

引渡し日

引き渡し日の記入について、ご紹介します。

購入する住宅の引き渡し希望日を記載します。

あくまで希望日ですので、契約が成立後に改めて正式な引き渡し日が決まることが多いです。

また希望日よりも1~2カ月程、前後する可能性があるため、全体的なスケジュールは、余裕をみて計画しておくことをおすすめします。

住宅ローンの有無と借入予定額

住宅ローンの有無と借入予定額

住宅ローンと借入予定額の記入について、ご紹介します。

住宅を購入する際に、住宅ローンを利用するかの記載欄になります。

一括で支払う場合は、【無】の欄に記載します。

また、住宅ローンを利用する場合は、借入する予定金額を記載します。

住宅ローンの審査をうまく通すためには、実際に借入したい希望金額を記載することをおすすめします。

不動産購入申込での注意点

不動産購入申込での注意点

住宅購入は、一生の中で大きな買い物になります。

高額な商品を購入する際は、ネットで口コミを確認したり、本当に良い商品なのだろうかなど、事前に色々と調べますよね?安心してスムーズに契約締結まで進められるように、不動産購入申込時に注意していただきたい点をまとめます。

売買価格の交渉

売価価格を交渉する際のポイントですが、住宅を購入する希望価格が、提示されている金額よりもあきらかに価格が低い場合は、契約前の最初の段階で売主から交渉不成立となることが多いため気をつけましょう。

安いことに越したことはありませんが、提示価格と希望価格の差が極端にならないように、妥当な価格で交渉するように心がけましょう。

資金の準備

資金の準備

資金の準備をスムーズに進めるために気をつけたいポイントは、自己資金は事前に確認してスケジュール化しておくことです。

例えば定期預金を支払いの際に利用する場合は、解約の手続きが必要になりますので、入金日の確認を事前に行うことをおすすめします。

また、ご家族の方に借りる場合なども同様に考えておくことをおすすめします。

住宅診断を利用する場合

住宅診断を利用する場合

住宅診断とは、住宅の建物や土地に欠陥や修繕した方がいい箇所がないかなどの診断をします。

住宅診断をする際のポイントは、住宅診断を実施するタイミングが非常に重要になってきます。

住宅を購入するかの判断をするために行うため、売買契約を行う前に実施して、契約しても問題ないかを事前に確認することをおすすめします。

不動産購入申込書提出後のキャンセル

不動産購入申込書提出後に、「他の土地に変更したい」や「住宅購入ではなく、マンションを契約することになった」などの場合にキャンセルはできるのか?という点についてです。

不動産購入申込書を提出しても、契約ではなくあくまでも意思表示だけなので、キャンセルは可能です。

万が一、申込金を支払った場合でも、全額返金されますのでご安心くださいね。

不動産購入申込書を理解して契約を進めましょう

住宅の契約には、書類関連の手続きがたくさんあります。

申込書や契約内容を理解して、確認しながら進めましょう。

不明な点がある場合は、不動産会社に確認してください。

わからないまま進めてしまうと後で聞いていなかった、ということが出てきますので、契約前に打ち合わせして進めることをおすすめします!