外構工事とは?エクステリアとの違いと費用・注意点を解説

外構とは、塀やフェンス、門扉やカーポートなどを指し、家と敷地全体の顔となるものです。

工事の箇所と種類によっては、家の外観イメージをがらりと変更することが可能です。

外構とエクステリアの違いと費用、工事の注意点をまとめました。

外構工事とは

外構工事の風景

外構工事とは、門扉や門柱、アプローチ、フェンスや塀、駐車場やカーポート、庭やウッドデッキなど、家本体(建物)ではなく、家の外側にある構造物工事のことを言います。

エクステリア工事とも呼ばれます。

外構工事とエクステリアの違いは?

外構工事を調べていると、エクステリアという言葉もよく耳にします。

どちらが正しいのかと疑問に思うかもしれませんが、実は外構とエクステリアは、大きな違いはありません。

外構はフェンスや塀、カーポートなど家の外側にある構造物を示すのに対し、エクステリアは家の外側の構造物全体の空間を示します。

「家の外側の構造物全体の空間」というと難しいですが、エクステリアの対となる言葉「インテリア」と比較するとわかりやすいです。

インテリアは、ソファーやテーブル、テレビなどの家の中の空間を捉えるのに対し、エクステリアはフェンスや塀、カーポートなど家の外にある外構すべてを指します。

極端なことを言うと、外構全てがエクステリアになります。

エクステリアのデザインのスタイル

エクステリアには、「オープンデザイン」「クローズデザイン」「セミオープン/セミクローズデザイン」というスタイルがあります。

オープンデザインには、家の敷地の境界線に極力、塀やフェンスを作らず敷地を広く使えるようにする解放感重視のスタイルです。

対して、家の敷地の境界線にフェンスや植栽などで囲むことで、家の内部を外部から見えにくいようにする、プライバシーやセキュリティー重視のクローズデザインがあります。

セミオープン/セミクローズデザインは、オープンデザインとクローズデザインどちらの良さも取り入れたものです。

外構が必要な理由

芝生の庭で遊ぶ幼女

外構は、特になくても家に住むうえで困るものではありません。

しかし、外構工事をすることでさまざまなメリットを得ることができます。

外構工事で、塀やフェンス、植え込みや生け垣を作ることで、外部から家の中への視線を遮れるので、プライバシーを守ることができます。

例えば、玄関が道路に近いため扉を開けると家の中が丸見え、といった生活していく上でデメリットな部分を、外構工事を行うことで回避することができます。

また、塀や門扉を作ることで、物理的と心理的にも敷地内に入りづらくなり、防犯の機能を果たします。

そして、どんなに立派な家であっても外構がないと殺風景で寂しく見えるので、庭やフェンスをつくることで緩和することができます。

外構の種類

庭の木

外構工事を検討しているならば、外構にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

どんな暮らしをしたいかによって、一軒一軒必要となってくる外構の種類とデザイン、数や配置が変わってきます。

フェンスや塀

レンガ壁に茂る草

フェンスと塀は、形とデザイン、素材が多岐にわたり、種類が多いです。

近年、フェンスにはアルミやスチール、人口樹脂などの素材がよく使われています。

塀は、ブロックやレンガ、タイルや自然石、コンクリートなどの素材があります。

フェンスと塀には、建築基準法によって高さに制限があるため、ブロック塀なら2.2m以下、レンガや石積みなら1.2m以下の範囲内で作らなくてはいけません。

玄関アプローチ

犬猫の足跡がデザインされた庭の舗装

玄関アプローチとは、玄関と門扉を結ぶ通路のことです。

コンクリートやインターロッキング(コンクリートをレンガ調にした舗装方法)、レンガやタイルなどの素材が一般的です。

玄関とアプローチは、日々の使い勝手だけでなく、家の印象を左右する外構です。

駐車場・カーポート・ガレージ

カーポートと車

駐車場とカーポートとガレージは、どれも車や自転車などの車両を置いておく場所のことですが、駐車場所の状態が違います。

ガレージは、車両を格納するための建造物。

カーポートは、屋根と柱だけのつくりの簡単な車庫。

駐車場は、屋根がない車両の止めるスペースのことです。

カーポートは、駐車する台数や道路と敷地の接し方、お住まいの地域の積雪量、防火・準防火地域かどうかによって、選ぶ種類が変わるため、外構工事業者との相談が必要です。

デッキ・テラス

庭のウッドデッキ

デッキとテラスは、家の中のリビングと空間的につながった外部リビングみたいなものです。

デッキとテラスに大きな違いはなく、高さによって呼び分けています。

室内の床の高さと同じものはデッキ、床より高くなるものをテラスです。

デッキは床の状態だけでなく、ガラスで壁や天井を覆いサンルームとして、庭側の壁を解放したガーデンルームとして使う場合もあります。

素材は、天然木や自然木が人気ですが、タイルや天然石のものもあります。

門扉・門柱

西洋風の門戸

門扉と門柱は、敷地の出入口に設ける門の扉と柱のことです。

開閉方法として、両開き、片開き、スライド式と3種類あります。

両開きと片開は前後に、スライド式には横に引き込むスペースが必要になります。

素材は、アルミや木、樹脂や石など様々なものがあり、一般的には、錆や腐食に強いことからアルミ製のものが好まれます。

生垣・植栽

緑の生垣

生垣には、外部からの視線を遮るだけでなく、防風や防音、環境保全などを目的にし、古くから日本で採用されています。

お住まいの地域の条例や宅地のルールによって、敷地を区切る仕切りは、必ず生垣にすることを義務付けているところもあります。

近年では、生垣を作ることは緑化促進ということで、助成金を交付しているところもあるので、お住まいの自治体に確認してみましょう。

生垣は、植える樹木の種類と性質が変わり、刈り込み方によっても形状と高さを調整することが可能です。

しかし、生垣は塀やフェンスと違い生物なので、成長に応じたお手入れとお住まいの地域にあった樹木を選定する必要があります。

外構工事の費用は?

電卓と住宅設計図面

外構工事の費用は、どのような外構工事を行うか(素材や形状、デザイン、数など)、そして外構工事業者によって工事の費用に幅がでます。

一軒一軒、外構工事の種類と規模も違いますが、だいたい建物総額5%~20%くらいが目安となります。

外構工事を行う前に、見積もりを依頼することをおすすめします。

また、外構工事の箇所ごとに、おおよその目安を算出することが可能です。

外構の種類 おおよその相場 注意点
フェンス・塀 幅400cm 約10万円~ 施工業者によって見積もりの範囲が違う(塀の長さ、面積)
玄関アプローチ 1㎡ 約0.6万円~ 外構の種類、設置箇所によって基礎工事が必要
駐車場 車1台 約50万円~ 外構の種類、設置箇所によって基礎工事が必要
ウッドデッキ 3.6m×1.8m 約15万円~ 木材の種類で費用が変わり、年1回はシロアリ駆除の薬剤散布が必須
門扉・門柱 一般的な住宅 約30万円※門扉と門柱を合わせた費用 工事個所の面積と隣地との設置具合で大きく費用が変動
生垣・植栽 ハナミズキ(2m)平均 約5万円~※土地改良費含む 木の本数と種類によって費用が変わる

※材料と工事費込み

外構工事の注意点

庭の石垣

外構工事で一番注意しなくてはいけないことは、手抜き工事をさせないことです。

フェンスや塀の外構工事は、基礎工事が必須であり、この基礎工事が適切に行われていない場合、フェンスや塀が傾いたり倒壊する恐れがあります。

手抜き工事は、外構工事が完成した後に見ても一般人は判断がつきにくいです。

工事期間中に進行具合のチェックをかかさないこと、安心できる外構工事業者を探すようにしましょう。

外構工事は業者に相談してから行うようにしよう

外構工事は決して必要なものではありませんが、防犯やプライバシーの保護という面で、とても大きな役割を果たします。

外構工事は、種類と工事個所によって費用が大きく変わるため、リフォームなら外構工事業者に、新築で家を建てるなら建築会社に、事前に相談と見積もりを依頼してから行うようにしましょう。