NGOとNPOの違いとは?ことばの意味・役割・就職方法も紹介

NGOとNPOの違いをご存知ですか?

NGOもNPOも環境問題や貧困問題、児童虐待の問題などのさまざまな問題に対して活動する団体ですが、違いについて意識する機会は滅多にありません。

NGOとNPOの違いや役割、就職する方法についてまとめました。

NGOは非政府組織

NGOは非政府組織
NGOとは、Non-governmental Organizationの頭文字を取った略称で、日本語では「非政府組織」と呼ばれます。

つまり、どの国の政府ともかかわりなく独自の活動をしていく組織なら、すべての組織は広義ではNGOだということになります。

国や地方自治体などから補助金を受けずに活動するサークルも、政府が介在していないという点で見ればNGOです。

主なNGO組織

NGOの団体として有名なものに、『国境なき医師団』や『日本赤十字社』、『日本レスキュー協会』などがあります。

いずれも政府とかかわりを持たずに活動をしているだけでなく、国際的な貢献活動をしていることも特徴です。

ただし、政府とかかわりを持たないと言っても、政府との話し合いの場を持たないという意味ではありません。

政府と意見交換したり、企業や国連組織とかかわりを持ったりしながら、特定の国の利益だけに偏らない活動をしていくのがNGOなのです。

NPOは非営利組織

活動
NPOとはNon-profit Organizationの頭文字を取った略称で、日本語では「非営利組織」と呼ばれます。

政府とは関係ないことを強調しているNGOに対し、利益を目的としないことを強調しているのがNPOです。

学習環境に問題のある子供たちに無償で小学教育や中学教育を提供したり、地域を限定した美化活動などの小規模な活動を実施したりする団体も多いです。

NPOは、団体の在り方が民間企業とは真逆の団体でもあります。

民間企業は利益の追求と利益の分配を目的とし、企業活動を拡大するためにも利益を投入しますが、役員や従業員への報酬増大や株主への配当増大にも利益を投入します。

一方、NPOは発生した利益を、団体の活動拡大や活動の質向上のために使います。

一部を余剰資金として緊急時のためにキープすることはあっても、私利のためにキープすることや構成員で分配することはありません。

非営利の意味

「非営利」であるということは、「利益が上がっても構成員に分配するのではなく、団体の活動資金に使う」ということを意味します。

非営利団体というと、利益が上がることを禁じている団体や利益を目的としていない団体だと誤解している方も少なくありません。

しかし実際には、利益が上がってもNPOの意義から外れませんし、NPOの活動目的が利益追求であっても問題はないのです。

ただ、生じた利益を構成員に分配したり、活動に協力した人に配ったりすることは、NPOの理念から反します。

NPOでは、生じた利益は新たな活動の資金として利用されなくてはならないのです。

NPOの構成員は給与を受け取れる

NPOの利益を構成員に分配することはできませんが、元々定められていた割合で構成員に給与を支払うことは問題ありません。

ただし、生じた利益を構成員に分配することは認められていませんので、活動によって通常以上に利益が上がった場合でも、ボーナスや給与増にはつながらないのです。

とはいえ、構成員の給与が絶対に増えないというわけでもありません。

物価上昇や経営安定によって構成員への給与を増やすことが可能だと判断されたときには、利益増加に関わらず構成員の給与が増えることもあります。

NGOとNPOの違い

違い
NGOとは、政府とは関係のない団体のことです。

個人的に作ったサークルや、行政の支援を受けずに民間で組織した団体も、すべて非政府組織という意味でならNGOと分類できます。

一方、NPOは非営利組織です。利益が生じても構成員や支持してくれる人々に分配しないのなら、すべて非営利組織と呼べますし、NPOと名乗っても問題はないのです。

また、政府と関係があるかどうかということと営利を分配するかどうかということは、対立する概念ではありませんので、NGOでありつつNPOでもある団体は少なくありません。

例えば日本レスキュー協会は、救助犬の育成と派遣を主に実施する団体です。

日本政府が関わっていないという点で見れば「NGO」ですし、利益の分配を目的としないという点で見れば「NPO」です。

日本レスキュー協会の正式名称は「認定NPO法人日本レスキュー協会」ですが、政府とのかかわり方を見てみるとNGOとも言えます。

NGOとNPOの使い分け

大抵のNGOはNPOでもあり、反対に、大抵のNPOはNGOでもあります。

しかし、名称にNPOもNGOも両方使うことはありませんので、団体名の前にはNPOかNGOのいずれかがつくことになります。

一般的には、国際的な社会支援活動を行う団体は「NGO」を称していることが多いです。

一方、国際的な活動を行うものの国内での活動も活発な団体は「NPO」を称し、国内だけに活動を限っている団体も「NPO」を名乗っていることが多いです。

また、NPOとNGOを柔軟に名乗りわけている団体もあります。国内で活動するときには非営利組織であることを強調するために「NPO」を名乗り、海外で活動をするときには非政府組織であることを強調するために「NGO」を名乗ることもあるのです。

NGOやNPOへの就職

履歴書
将来的にはNGOやNPOに就職したいと考えている人もいるでしょう。

しかし、NGOもNPOも利益分を活動拡大資金として投入するために、人件費などの経費は必要最低限に抑えています。

そのため、大々的に就職希望者を募集していたり、給与の出ないボランティアスタッフ以外を大人数で募集していたりすることは滅多にありません。
欠員が出たらその度ごとにスタッフを募集するスタイルの団体がほとんどなのです。

就職を希望するNPO団体やNGO団体が見つかったら、まずは団体の代表者などに声をかけ、欠員が出たら教えて欲しいと伝えてください。

団体によっては、最初は見習いスタッフという形で活動に参加することになりますが、活動を続けていくうちに正スタッフとして採用されることもあります。

なお、NPOでもNGOでも給与やアルバイト代が出ないわけではありません。

しかし、NPOもNGOもいずれも利益の分配を目的としないため、営利団体である企業と比べると5~7割程度に設定されていることが多く、高給は目指せません。

また、利益が生じても構成員で分配することはありませんから、仕事の頑張りが、賞与や昇給といった金銭面では評価されないという点も覚えておきましょう。

NGOとNPOの違いを正しく理解しよう

NGOもNPOも、実際のところは大きな違いはありません。

国際的な活動をメインにしている団体はNGOを名乗ることが多く、主に国内活動に力を入れている団体はNPOを名乗ることが多いです。

どちらの名称を団体が選択しているのかによって、非営利か非政府のいずれを強調しているのかを伺うことが可能です。