円安と円高をわかりやすく解説!仕組みやメリットについても紹介

テレビや新聞などの日々のニュースや記事などで必ずと言っていいほど出てくる言葉が「円安」と「円高」です。

円安と円高は一言でいうと「円相場」で使う言葉であり、日本国内で使われている通貨「円」と、海外で使われている通貨との比較で使われる用語です。

本記事では、円安と円高についてわかりやすく解説していきます。

円安と円高の意味をわかりやすく解説

円安と円高の意味をわかりやすく解説

日本で報道されている円相場の基準は「円とアメリカドルとの比較」です。

これを基本に考えた場合、円高とはアメリカドル1ドルに対して、日本の円が高くなることで、円安の場合はアメリカドル1ドルに対して円が安くなることをいいます。

円安と円高の具体的な内容

例えば「1ドル=100円」が翌日に「1ドル=120円」になった場合、1ドルに対する円の価値が20円上がったことになります。

つまり、1ドルで100円のものを購入できていたのに、翌日には、1ドルで120円のものを購入できるようになったということです。

これは、円の価値が20円下がったことになり「円安」となります。

逆に「1ドル=100円」が翌日に「1ドル=80円」になった場合、1ドルで100円のものを購入できていたのに、翌日には、1ドルで80円までのものしか購入できなくなってしまうのです。

これは、円の価値が20円分上がったことになり「円高」となります。

わかりにくい理由の解説

円安と円高について理解する上で、わかりにくい理由は「1ドルが100円から120円になって20円高くなったから円高」「100円から80円になって円が20円安くなったから円安」と勘違いしてしまうからです。

これは全く逆の意味となってしまいます。

これが円安と円高をわかりにくくしている大きな原因と言えます。

円相場の考え方はドル基準から見た円の価値です。

考えるときには、普段利用している「円」の価値を客観的に見る必要があるのも、わかりにくい原因だといえるでしょう。

円を基準にして取引や表記が行われれば、仕組みや説明の理解もしやすいですが、取引や表記がドル基準なことには理由があります。

為替相場や為替取引は世界各国で行われており、世界の通貨取引高の割合は、アメリカドルが全体の約40~45%、日本の円が全体の10%ほどと、取引の大半をアメリカドルが占めています。

そのため、取引や表記の基準はアメリカドルによって行われます。

つまり、説明が理解しにくい場合や、混乱した場合などは、アメリカドルを使う立場になって考えてみれば、円相場の仕組みなども理解しやすくなります。

円安と円高の仕組みをわかりやすく解説

円安と円高の仕組みをわかりやすく解説
円相場は世界中で行われている様々な要因によって、為替市場が動き、リアルタイムで円高や円安へと値動きをします。

もちろん、日本の円とアメリカドルだけの関係ではなく、中国の元やヨーロッパのユーロも円相場に大きな影響を及ぼします。

なお、円相場はリアルタイムで円高や円安へと常に値動きをしています。

これは世界中の投資家が外国為替市場を利用して、毎日のように通貨の売買をしているためです。

お金の価値もモノと同じ

モノの価値はそのモノが世の中に多く出回っているかどうかといった希少価値によっても決まります。

これは、通貨を扱うも外国為替市場の取引においても例外ではありません。

例えば、日本の円で考えた場合、1ドルで100円分の日本円を世界各国の投資家がこぞって購入したとします。

すると、1ドル100円の価値だった円が急激に売れたことにより、円の数が市場から減ってしまいます。

円の数が減ったことにより、自然に円の価値は上がり、100円分を1ドルで買えていた日本円が1ドルで80円分しか買えなくなってしまいます。

この現象が「円高」で、円の価値が上がったことになります。

円安と円高もモノと同じで、人気があれば価値が上がり、人気がなければ価値が下がってしまいます。

つまり日本円に人気があれば円高となり、日本円に人気がなくなれば円安となると理解しましょう。

円安と円高はどちらが得するのか

円安と円高はどちらが得するのか

円相場は円の価値そのものを決めるので、円を使った商品の購入や、円を貯金している場合などにも影響を及ぼします。

円安と円高、それぞれのメリットやデメリットを理解し、特徴を十分に理解しておけば、円相場状況をお得に活用することも可能です。

円安のメリットとデメリット

日本の円相場が円安となった場合、海外からみれば日本の商品を安く購入できるので、輸出企業の需要が高まります。

また、1ドル100円から120円の円安になった場合、海外観光客からすれば1ドルあたり20円分お得になるので、海外からの環境客も増える傾向にあります。

一方、海外から輸入する商品の価格は上がってしまいます。

輸入に頼るエネルギー資源も同様に価格が上がってしまうため、国内の物価やガソリン代、電気料金などが上昇し、一般家庭の支出額が増えてしまうデメリットがあります。

なお、20円の円高の場合、日本からアメリカへ行ったとして、1ドル100円だったドルの交換に120円必要となるため、旅行中の買い物料金が全て20%アップします。

<円安の影響まとめ>

  • 国内の物価:全体的に上がる
  • 輸出企業:利益が上がる
  • 輸入企業:利益が下がる
  • 海外旅行:ドルが高くなるので損

円高のメリットとデメリット

日本の円相場が円高となった場合、円の価値が上がるため安い値段で海外の商品を購入できます。

そのため、海外からの輸入量が増え、海外の商品が日本の市場で安く出回ります。

また、日本のエネルギー資源は海外から輸入する原油に頼っている部分が強いため、円高になることによってガソリン価格や電気料金も安くなります。

それに伴って物価も全体的に下がっていくので、国内の需要も高まり経済が安定します。

また、1ドル100円から80円に円高となった場合、1ドル交換する際に20円お得になるので、海外旅行をする人にとってはメリットとなります。

魅力的なメリットがある反面、輸出企業にとっては円の価値が高くなり、日本の商品が海外で売れなくなってしまうデメリットがあります。

輸出企業の利益が下がってしまうだけでなく、海外からの観光客が減り、観光収入が減ってしまうなどのデメリットもあります。

<円高の影響まとめ>

  • 国内の物価:全体的に下がる
  • 輸出企業:利益が下がる
  • 輸入企業:利益が上がる
  • 海外旅行:ドルが安くなるので得

円安と円高の基準について

円安と円高の基準について
円安と円高の仕組みやメリット・デメリットについて理解はできても、今が「円安なのか?」「円高なのか?」を判断するには何を基準にすればいいのでしょうか?

例えば1ドル100円の場合、100円を高く感じる人もいれば、100円を安く感じる人もいるので、「何円以上が円安で、何円以下が円高だ」と一概には決められません。

国際的な基準はない

「何円以上が円安で、何円以下が円高だ」などと言った円安と円高の基準は、国際的に定められていません。

しかし、ある一定の水準や、歴史的イベントや事変と比べることで基準を定められることもできます。

例えば、過去5年間で1ドル80円代~120円代を推移した場合、この5年間の円安と円高の基準は間を取った100円代が円安と円高の基準と考えることができます。

その他にも、「政権A時代は80円代の円高だったが、政権Bになってからは120円の円安になった」「あの事件の影響で120円のドルが1ドル80円代を切ってしまった」など、その時の出来事や事件があった時の推移を基準にすることもあります。

円安と円高を理解することは難しくない

円安と円高を理解することは、考え方さえ理解すれば簡単です。

円安と円高を理解する上で必要なことは次の通りです。

  • ドルを基準に考える
  • お金としてよりも、モノとして考える
  • 人気があれば価値が上がり、人気がなければ価値が下がる
  • 円に人気がある時は円高・円に人気がなければ円安

 

ポイントさえ押さえておけば、円安と円高を理解することは難しくありません。

円安と円高をしっかりと理解し、為替情報を上手く活用すれば、日々の生活や海外旅行で得することができます。

しっかりと理解して上手く活用しましょう。