子育て支援員とは?仕事内容・賃金・資格取得の方法等を紹介

保育所不足だけでなく保育士の不足が社会問題になっています。

そこで、平成27年度から始まったのが「子育て支援員」制度です。

子育て支援員の資格は研修に参加して修了書を受け取るだけで獲得できるため、より多くの人が保育に参加できます。

子育て支援員の仕事内容や賃金、資格取得の具体的な方法についてまとめました。

子育て支援員とは?

子育て支援員とは?

子育て支援員とは、都道府県や市町村が実施する子育て支援員研修過程を修了し、「子育て支援員研修修了証書」を交付された人のことです。

研修は、すべての内容の基礎となる「基本研修」と、保育を実施する場所や保育内容によって異なる「専門研修」に分かれています。

それぞれの研修に規定時間参加することで子育て支援員研修修了証書を獲得します。

なお、子育て支援員の研修は各自治体が実施していますが、獲得した子育て支援員研修修了証書は日本全国どの地域でも使えます。

東京都で子育て支援員研修修了証書の交付を受けたら、神奈川県に引っ越しても同じ資格として活用できるのです。

子育て支援員と保育士の違い

子育て支援員も保育士も、いずれも保育に関わる専門資格であるという点では同じです。

しかし、保育士は国家資格ですが、子育て支援員はあくまでも認定資格です。

子育て支援員になるためには、筆記の試験を受ける必要もありませんし、何ヶ月にも及ぶ専門課程を修了する必要もありません。

また、保育士になるためには、保育士養成講座のある大学や短大、専門学校に入学し、授業料を払って既定の課程をすべて終える必要があります。

もしくは、自費で国家試験である保育士試験を受験し、合格する必要があります。

一方、子育て支援員の資格を得るための授業料は基本的に無料です。

テキスト代や研修参加時の保険料は自費ですが、授業料は不要であることが一般的です。

子育て支援員の仕事内容

子育て支援員の仕事内容

子育て支援員の資格を獲得すると、保育士の補助的な仕事を担い、子どもたちに保育を提供するだけでなく保護者への対応も任されます。

子育て支援員の資格は国家資格ではありませんが、子どもの命を預かる責任ある仕事だという点は保育士と同じなのです。

子育て支援員として実施できる主な業務は次の通りです。

  • 保育の補助
  • 保護者対応
  • 子どもの一時預かり
  • 乳児院や児童養護施設での補助業務
  • 地域の子育て支援事業における補助業務
  • 学童保育の補助業務

子育て支援員が働く場所

子育て支援員の活躍の場は、保育園だけではありません。

子どもを預かる業務をする場所なら、大抵は子育て支援員が求められています。

子育て支援員の資格を持つ人が求められている主な職場は次の通りです。

  • 保育園
  • 乳児院や児童養護施設、児童福祉施設
  • 学童保育施設
  • 乳幼児の一時預かり施設
  • 事業所内の保育所

また、子育て支援員が求められていない職場でも、子育て支援員の資格を持つことで採用されやすくなることがあります。

例えば、民間経営の幼児教室や子どものスポーツクラブ、小児科の受付などでは、子育て支援員としての研修を修了している人の知識が役立つと考えられます。

子どもとのかかわりが予想される職場に就職したい方は、子育て支援員の資格を取得しておくと良いでしょう。

子育て支援員の給与待遇

子育て支援員は、大抵の場合は正職員ではなくパートやアルバイトとして勤務しています。

地域や職場にもよりますが、時給1,000~1,200円程度で求人されていることが一般的です。

しかし、現在、保育士の給与が低いということが問題になっており、国家主導で保育士の給与引き上げが実施されています。

同じ保育に携わる子育て支援員の時給も、保育士の給与見直しとともに改善される可能性があると予想されます。

子育て支援員の資格取得の方法

子育て支援員の資格取得の方法

子育て支援員の資格を得るためには、8科目8時間にわたる基本研修を終えてから、働く場所や業務内容によって異なる専門研修を受講して修了しなくてはいけません。

例えば、放課後児童クラブで学童保育に携わるなら6科目9時間の専門研修を受けるため、合計で17時間が必要です。

また、小規模保育事業に携わるなら、12科目15~15.5時間からなる地域保育の共通科目を修了した上で、6科目6~6.5時間の専門研修と2日以上の実習が必要です。

どの場所で子どもに関わりたいかを考えて、必要な専門研修を受けましょう。

なお、自治体によっては専門研修の時間が若干異なることもあります。

お住まいの自治体が実施している子育て支援員研修の内容を自治体のサイトなどで確認し、期限までに申し込み手続きをしてください。

ただし、いずれの研修も定員が決まっていますので、申し込みの時期によっては希望する研修が受けられないこともあります。

こまめに情報をチェックして、研修受講の時期を逃さないようにしましょう。

子育て支援員の研修内容例

子育て支援員になりたい方は、まずは8科目8時間から成る基本研修を受講しなくてはなりません。

大抵の自治体では、基本研修を4時間ずつ分けて2日間で実施しています。予定が合う日程を選んで、受講を申請しておきましょう。

基本研修が終わったら、次は専門研修です。

専門研修は、働く場所や仕事内容によってスケジュールが異なります。

しかし、小規模保育事業や家庭的保育事業に携わるときは、専門研修を受ける前に12科目15~15.5時間から成る地域保育コースの共通科目を受けなくてはなりません。

大抵の自治体では、地域保育コースの共通科目は3日間で修了できるようにスケジュールを組まれています。

保育園などの地域保育での仕事を希望する方は、基本研修の次に地域保育コースの共通科目を受講してください。

地域保育コース以外は共通科目と実習は不要

保育園で働くためには、地域保育コースの共通科目を修了してから地域型保育や一時預かり事業などの専門研修を受けなくてはいけません。

専門研修の授業は通常1日で終了しますが、2日間以上の実習が求められることもありますので、受講前に確認してください。

実習が2日間とするならば、保育園で子育て支援員として働くためには、基本研修2日間+共通科目3日間+専門研修1日間+専門研修の実習2日間の合計8日間かかります。

一方、地域保育コース以外を希望する方は、基本研修が終了したらすぐに専門研修を受講できます。

地域保育コース以外の専門研修は1日で終了しますし、実習も不要ですので、基本研修を含めても最短3日(基本研修2日間+専門研修1日間)で子育て支援員の資格を取得できます。

子育て支援員は保育士資格無しでも保育業務に関わりたい人向き

子育て支援員の研修を受講するためには、特定の学歴や経歴は求められませんし、年齢も不問です。

保育分野の資格を持ちたいと思っている方なら、誰でも取得できる資格です。

これから保育に関わりたいと考えている方、再就職のために役立つ資格が欲しいと考えている方は、ぜひ検討してみましょう。